column 675. 暮らす

『クリスマスキャンドル』で冬を暖かく楽しく

2019.12.05

『クリスマスキャンドル』で冬を暖かく楽しく

今年もクリスマスシーズンがやってきました!
仙台市でも多くの「クリスマスイルミネーション」によって街が彩られています。
この季節は、ただ街を歩いているだけでも楽しくなってきますよね。
仙台の街のようにお家の中も明るく彩ってみたいという方も多いのではないでしょうか。
そんな皆さまがご家庭でお手軽に楽しめるクリスマスアイテムがあるんです。
そのアイテムとは「クリスマスキャンドル」です。

クリスマスキャンドル

「クリスマスキャンドル」と聞くと、テーブルの上に飾るキャンドルを想像しますよね。
もちろんその通りのテーブルに飾るという使い方でも充分に雰囲気は出るのですが、この「クリスマスキャンドル」は他にも色々な使い道があるんですよ。
例えば「庭」に「クリスマスキャンドル」を灯してみれば、これまで見慣れた「庭」がアラびっくり、とってもムードある「幻想的な雰囲気」に変身しちゃいます。
ちなみに「庭」に灯す「クリスマスキャンドル」は、シトロネラという柑橘系のオイルが配合されたキャンドルがお勧めです。
甘いレモンのような香りがするシトロネラですが、この匂いが虫などを寄せ付けない働きを持っているので、安心して「庭やベランダ」で食事などを楽しむことができます。
 

キャンドルの炎を大きくする方法

また「クリスマスキャンドルの炎」が小さい時など、もっと大きな炎に見えるようにしたいときは、キャンドルの背面や下に、アルミの板などを敷くと良いでしょう。
アルミに「クリスマスキャンドルの炎」が映り込み、反射することで炎が大きく見えるようになります。
少しでも大きな炎に見せたい時はこの方法が有効です。是非お試しください。 ※アルミ板などがない場合は、アルミホイルでも代用が効きます。火の扱いにはくれぐれもご注意ください。

アイデア次第で香りづけも可能

軽くお気に入りの香りを部屋に漂わせたいという方は、お気に入りの石鹸を用意してください。
その石鹸をナイフで少し削って器に入れ、「キャンドルホルダーの横」に置いておくことで、「キャンドルの炎」に温められた石鹸から、ほのかに石鹸の香りを漂わせることができます。
街を照らす豪華な「クリスマスイルミネーション」もいいですが、「クリスマスキャンドル」には「キャンドル」ならではの優しさがあります。
今年のクリスマスは是非お家で「クリスマスキャンドル」の優しさに包まれてみてはいかがでしょうか。
仙台でも百貨店、スーパー、ホームセンターなど様々な場所でクリスマスキャンドル本体や材料の販売を行っています。
皆さまに優しく温かいクリスマスが訪れますように。メリークリスマス。そして良いお年を。



 

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 683.

『氷柱(ツララ)』を見に『三居沢不動尊』へ行きませんか!

「夕焼けて なおそだつなる 氷柱(ツララ)かな。」 この俳句は明治から昭和にかけて活躍した俳人、中村汀女(なかむら ていじょ)の一句。 夕暮れを迎え気温が下がってくると「氷柱(ツララ)」が大きくなると言う真冬の情景を歌った句です。 ということで今回は「氷柱(ツララ)」のお話です。

2019.12.24