column 588.

耐用年数が過ぎた物件でも十分な融資を受けるためのコツとは

不動産物件を購入する時は、自宅用にしろ投資用にしろ、融資を受けることがほぼ前提です。 そこで、投資用の中古物件を購入する時に、 建物の耐用年数以上の物件であった場合、どのようにすれば融資を受けやすくなるのかをお伝えします。

2019.05.15

もっと読む

事故物件は本当に安く売るしかない?仙台でも事故物件を相場に近い値段で売るコツ
column 584.

事故物件は本当に安く売るしかない?仙台でも事故物件を相場に近い値段で売るコツ

不動産物件を運営していると、その物件の中で事故や事件が発生してしまうという、いわゆる事故物件化の可能性があります。 事故物件化してしまうと、入居者や購入者への告知義務が発生し、資産価値が下がってしまうことが多いのです。 売却価格が下がることは避けられませんが、それでも比較的高い値段で売るためには、どのようなポイントを押さえておけば良いでしょうか。

2019.05.07

不動産物件を購入するときの生物リスクとは
column 579.

不動産物件を購入するときの生物リスクとは

不動産物件を購入する時には、資産価値の低下リスクや災害リスクなどを考え、 できるだけ安全な物件を購入する必要があります。 それらのリスクはクローズアップされることが多く、比較的対策も取りやすいものです。 しかし,あまりクローズアップされないリスクの一つに生物リスクがあります。 では生物リスクとはどのようなものかを見ていきましょう。

2019.05.07

仙台で離婚時のマンション売却はしたほうが良いのか、住み続けるほうが良いのか
column 575.

仙台で離婚時のマンション売却はしたほうが良いのか、住み続けるほうが良いのか

日本で婚姻した夫婦数に対する離婚した夫婦の割合が、1/3を超えると言われている昨今。 どんな夫婦にも離婚の可能性は秘められていると言っても過言ではありません。 離婚時のトラブルの一つになりやすいのが、自宅をどうするかです。 財産分与でもめることが多いだけに、今住んでいる自宅に住み続けるのか、それとも売却するのかを迷う方も多いでしょう。 そこでここでは離婚時に自宅の財産分与で、どのような問題が起こりやすいかをご説明します。

2019.04.17

違法建築アパートを見抜くにはどこをチェックすればよいのか
column 572.

違法建築アパートを見抜くにはどこをチェックすればよいのか

昨今不動産業界を賑わせているニュースの一つに、大手アパート建築会社による建築基準法を満たさない違法建築物問題があります。この大手アパート建築会社は、土地を持っている個人に対し、アパートの建築とサブリース契約をセットにして、アパートの建築費と管理手数料を主な収入源としていました。 しかしその工事で建てられたアパートは、建築基準法の耐火性や防音性などの性能を満たしておらず、入居者に安全性を提供できないものとして、国土交通省からも問題視されています。アパートオーナーや住人からの、訴訟問題にも発展している今回の問題。このような違法建築アパートを見抜くためには、どの点をチェックすれば良いのでしょうか。

2019.04.17

仙台で投資用マンションを買うときに知っておきたい、サブリース契約のメリットとデメリット
column 567.

仙台で投資用マンションを買うときに知っておきたい、サブリース契約のメリットとデメリット

最近の不動産業界を賑わせている話題の一つに、サブリース契約の問題があります。サブリース契約をめぐるトラブルが多発しているだけに、投資用物件を買う時はサブリース契約についてよく知っておく必要があるでしょう。 そこで、サブリース契約のメリットとデメリットをここではお伝えします。

2019.03.28

1 2 3 4 5 6 7 次へ