住み替えをお考えの方

最適な住まいへの住み替えを成功させるために

理想の住宅はなかなか見つからないものです。今住んでいる家も、買った当時はその時手に入った最高の物件だったでしょう。しかし家族構成に変化があったり、いつか住みたいと思っていた街に丁度いい物件があったり、老朽化が進んだりしてそろそろ新しい家に買い替えようかな、などと今住んでいる家を売って新しい家の購入を検討する方は大勢いらっしゃいます。ですが、そもそも不動産を買い替えるということは人生においてそうそうないことです。しかもその後の人生に大きく影響する一大事です。現在の住まいを高く売り、無駄な費用や手間をかけないために、事前にしっかり計画を立てることが大切です。

住み替えのポイント

成功のためのポイントは2つあります。一つ目は資金計画を立てることです。現在の住まいがいくらで売れるのかを知らなくてはなりません。その上で新規物件の購入が可能かどうか考えていきましょう。可能であればどのような方法で売却するのが望ましいか、予算はいくらなのかを計画していきます。具体的には、まず自宅を査定してもらいます。できれば一社だけではなく数社に依頼したほうがより良いといえるでしょう。次に査定結果を確認します。ここで今の物件がいくらくらいで売れるのか、客観的な数値を知ることができます。そして売却、引越し、新規物件の購入にかかる費用を見積りし、住宅ローンの新規借り入れもしくは住み替えローンなどで借り入れられる可能額を確認します。ここまできてようやく新規に購入する物件の予算計画を立てることができるのです。二つ目は売り買いのタイミングをしっかり考えたスケジュールを計画するということです。売り買いのタイミングとしては、今の住まいを売却してから新居を購入する「売り先行」という方法と、新居を購入してから売却を行う「買い先行」があります。それぞれのメリット、デメリットについて比較してみましょう。

メリットとデメリット

「売り先行」の場合、自宅を売却してから新居を購入します。メリットは売却金額が確定するので、新居購入のための資金計画が立てやすいことです。いくらで売れるのか、ではなくいくらで売れたという事実が先にあるので、予算をはっきりとすることができます。いつ家が売れるのだろうという不安ともおさらばです。デメリットとしては、新居が見つからない場合、仮住まいを探さなくてはならないことです。そのために引っ越しに費用と手間がかかります。そして今住んでいる家から引っ越しする前に売却活動をするため、プライバシーが気になってしまいます。「買い先行」は、まず新居を購入してから自宅を売却します。メリットは気に入った物件をじっくり探せることです。焦る必要はありません。もう家を購入済みなので、当然仮住まいはいりません。余計な費用もかかりません。新居への引っ越しを済ませてから売りに出せます。デメリットは、購入資金を先に準備しなくてはならないことです。そのため、短期の借り入れか、もしくはまだローンの返済が終わっていないのにさらにローンを組まなくてはならない、二重ローンに陥ってしまう可能性があります。家が売れるのかどうかも不安です。

もしかしたら手に入るかも

現在住んでいる家を売却しても住宅ローンを完済できるとは限りません。売却損が1500万円以上にもなりそう、という方もいらっしゃいます。そのような場合でも、ご自身の収入や信用力が高く住み替えローンが利用できたり、買い替える住宅の金額が安かったり、他の担保を提供できたり、または親子住み替えローンなど家族でローンを組むことができれば、可能になるかもしれません。住宅ローンや諸費用を考慮し、無理のない資金計画を立てられるようにしましょう。

実際に資金計画を立ててみましょう

ローンシミュレーションを使って実際にいくら借りられるか資金計画を立ててみましょう。 何年ローンにするか? などによって、返済計画が変わってきます。
「買える額シミュレーション」と「ローンシミュレーション」の2つのローンシミュレーションをご利用ください。

住宅ローンシュミレーション

買える額シュミレーション    ローンシュミレーション

査定依頼、各種ご相談・お問い合わせ
お問い合わせ無料
永大ハウス工業に関すること、
その他ご不明な点は以下までお問い合わせください。
0120-11-2440
仙台本店
スピーディー査定依頼 お問い合わせフォーム