column 659. 子育て

2019せんだいわらアート~つながる・遊べる・楽しむ若林~

2019.11.06

2019せんだいわらアート~つながる・遊べる・楽しむ若林~

 

 

毎年、色々な催しものを展開している仙台若林区にある「せんだい農業園芸センター『みどりの杜』」
仙台に住んでいる皆さまも一度は足を運んだことがある場所だと思います。
そんな「せんだい農業園芸センター『みどりの杜』」で今年も開催されている人気イベント「せんだいわらアート」が、あと1か月少々で閉幕してしまいます。
皆さま、行くなら今です!

「2019 せんだいわらアート」とは

震災復興の象徴として若林区内の被災農地からとれた稲わらを使い、恐竜などを制作する「せんだいわらアート」。
子供達に大人気のトリケラトプスをはじめステゴサウルスやティラノサウルスなど恐竜のほか新登場のカンガルーなども展示されています。
何度見ても感動するほどのクオリティ溢れる恐竜たちや動物たちをその目で見て、手で触れてみてください。
 

会場は「せんだい農業園芸センター」

会場となる「せんだい農業園芸センター」は、多くの市民の皆さまが農業に触れ、関心を持ち、関わっていただけるように農業の普及啓発を主軸としたイベントの開催、体験プログラムの実施、市民農園の運営など年間を通じて提供してくれます。
 

お花好きな方にも嬉しい場所。親子で一緒に

「せんだい農業園芸センター」では仙台市の新しい花の名所づくりを目指して、長年親しまれている「梅園」や「バラ園」など一年中絶え間なく花の見どころがあるように計画されたフラワーリレーが行われています。 これによって、いつ来ても何度来ても旬な見ごろの花を楽しめるよう憩の空間が演出されています。
そんな演出はどれも本当に美しく見る者全てを楽しませてくれます。
もちろん「わらアート」もそのひとつです。文字通り「わら」で出来た「芸術」を楽しんでいただければと思います。
「せんだいわらアート」は12月7日(土)まで!ぜひ遊びにいってみてはいかがでしょうか。


「2019せんだいわらアート~つながる・遊べる・楽しむ若林~」
場所:「せんだい農業園芸センター 『みどりの杜』 」
住所:仙台市若林区荒井字切新田13-1
期間:2019年9月15日(日)~12月7日(土)まで
せんだい農業園芸センターの休園日を除く
(休園日:毎週月曜日・祝日の場合翌平日)
※11月・12月は16:00閉園です
開園時間:09:00~16:00
電話:022-762-8211

主催:せんだいわらアート実行委員会
共催:せんだい農業園芸センター みどりの杜
後援:仙台市
協力:一般社団法人ReRoots/FACTORY・K株式会社



 

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 647.

『写真展 スウェーデンのパパたち』とはどんなイベント?

最近話題にあがる父親の育児休暇、立派な制度なのだから利用しない手はない。 とは思っても、「仕事に穴をあけていいのか」、「なんか休みづらい」、「周囲の目が気になる」などなど、そう簡単にはいかないのが現実ですよね。 でも正直、「とても気になっている」、「できることなら育休をとってみたい」とお考えのパパさんたちも多いはず。 そんなパパさんたちの背中を押してくれる展示会が10月9日まで「エル・パーク仙台」で開催されています。 展示会の名は「写真展・スウェーデンのパパたち」。

2019.10.03