column 656. 暮らす

旬の食材『蓮根(レンコン)』

2019.10.29

旬の食材『蓮根(レンコン)』

消費税アップで家計圧迫など、経済状況の見通しの立たない昨今ですが、「見通しがきく」と言う事で縁起物とされている旬食材が今まさに収穫のピークを迎えます。
その食材とは「蓮根(レンコン)」です。

蓮根(レンコン)とはどんな食材なのか

「蓮根(レンコン)」は、多年生の水生植物である「蓮(ハス)」の地下茎の肥大した部分のことをさします。
その呼び方も「蓮根(レンコン)」、「蓮(ハス)」と両方の呼び方でよばれています。
食用としては鎌倉時代に中国から伝わり、全国各地で栽培されるようになりました。おせち料理に欠かせない野菜のひとつでもあります。
 

蓮根の栄養とは

「蓮根」は「ビタミンC」が豊富で、みかんの1.5倍、大根の3.7倍に相当する量の「ビタミンC」含まれています。
この「ビタミンC」は熱に弱いので意外と摂取しにくい栄養素なのですが、なんと「蓮根」は「でんぷん質」がとっても多いので、加熱しても相当量の「ビタミンC」が残るのです。
まさに「蓮根」は「ビタミンCの宝庫」。 そして野菜としては珍しく「ビタミンB1」と「B2」も豊富で、貧血の予防などにも良いと言われています。
また「カリウム」や「亜鉛」、「銅」、「鉄」、「食物繊維」と色々な栄養素も豊富。
ちなみに日本各地にある城のお堀には、よく「蓮」が植えられているそうです。
これは非常食として用いるためと考えられています。まさに生活の知恵ですね。

 

蓮根の美味しい食べ方

そんな「蓮根」の美味しい食べ方と言えば、「ゆでた蓮根の穴」に「からしみそ」を詰め、「空豆粉入りの衣」をつけて揚げた料理「からし蓮根」ですよね。
「蓮根」のカリっとした歯ざわりや、「からし」と「みそ」の調和が活きる逸品です。是非、ご賞味くださいませ。
ちなみに、「蓮根」は泥の中を泳ぐように掘り出されます。しかもその時期は10~12月の寒い時期ということで、とても重労働。
今が旬の「蓮根」は農家の皆さまの努力の賜物なのです。「蓮根」を食べる時は、農家の皆さまに感謝しつつ、心して食べていただきたいと思います。

余談ですが、11月17日は「蓮根の日」なのだそうです。
1994年11月17日に「蓮根」の一大産地である茨城県の土浦市で開かれた「蓮根サミット」を記念して「蓮根の日」と制定されました。
仙台のスーパーでも蓮根は数多く並ぶ時期になってきています。
まだまだ経済状況の先が見えない今だからこそ、「見通しのきく蓮根」を食べて景気回復を目指そうじゃありませんか。


 

一覧に戻る