column 633. 子育て

仙台市野草園 萩まつりに行こう

2019.09.04

仙台市野草園 萩まつりに行こう

仙台で年に一度の大イベントといえば8月に開催される「七夕まつり」ですが、この9月にも仙台を代表するお祭りが仙台市太白区にある「仙台市野草園」で開催されます。

9月の「仙台市野草園」でのお祭りとくれば、仙台市民の皆様にはもうおわかりですよね。

そうです、仙台の花として知られる「萩」をメインに開かれるお祭り。「萩まつり」です。

「萩まつり」とは

仙台の花として有名な「ミヤギノハギ」や「ツクシハギ」をはじめとする15種の「萩」が美しく可愛く咲き誇る姿を楽しめるお祭り。
それが「萩まつり」です。

「萩」を色鮮やかなアーチ状にした「萩のトンネル」からスタートする「萩の道」。
芝生の広場で体を寄せ合うかのようにドーンと咲いて歩く人々に強烈なインパクトを与えてくれる「萩の丘」。
そして山の斜面一帯を覆う「萩の滝」と、「萩」が作り出すさまざまな風情を味わうことができます。

この風情を味わうために、毎年日本各地から大勢の観光客が「野草園」にやってきます。  

昭和33年からの伝統ある催し

第1回の「萩まつり」は今から60年ほど前の昭和33年(1958年)に開催されました。

ちなみに「萩まつり」の来場者にふるまわれる「萩茶」は、第1回から改良に改良を重ね、毎年進化し続けている由緒ある「萩茶」なんだそうです。

60年の歴史が生み出す「萩茶」、今年はどんな味がするのか楽しみですね。  

日曜日、祝日には演奏会が楽しめる

期間中の日曜日や祝日には、園内芝生広場において、琴などによる演奏会や、「花の詩の集い」と称する仙台フィルハーモニー管弦楽団の演奏、合唱などが開催されます。

約9.5haの広さを誇る「仙台市野草園」に響き渡る仙台フィルハーモニー管弦楽団の演奏は感動の一言につきます。

「萩」の美しさから「演奏」の美しさまで、色とりどりの美しさをさまざまな角度から満喫できる「仙台市野草園」の「萩まつり」。

子供から大人まで家族みんなが楽しめるイベントです。

9月13日から23日まで開催されているので、お時間のある方は是非「仙台市野草園」まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

「萩まつり」

住所:宮城県仙台市太白区茂ヶ崎2-1-1
開催場所:仙台市野草園
開催期間:2019年9月13日(金曜日)~23日(月曜日・祝日)
開園時間:午前9時~午後4時45分まで(入園は午後4時まで)
料金・入園料:大人240円・小人60円
電話:仙台市野草園 022-222-2324
アクセス:JR「仙台駅」西口バスプール11番から「野草園行」のバス約15分「野草園前」下車

 

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 633.

仙台市野草園 萩まつりに行こう

仙台で年に一度の大イベントといえば8月に開催される「七夕まつり」ですが、この9月にも仙台を代表するお祭りが仙台市太白区にある「仙台市野草園」で開催されます。 9月の「仙台市野草園」でのお祭りとくれば、仙台市民の皆様にはもうおわかりですよね。 そうです、仙台の花として知られる「萩」をメインに開かれるお祭り。「萩まつり」です。

2019.09.04

column 620.

第20回こども文学館えほんのひろばはお出かけに最適

この季節は海やプールに山登り、花にまつりと子供たちが楽しめるイベントがいっぱいですよね。 実は今、仙台が誇る社会教育施設「仙台文学館」でも、子供たちが楽しめるイベントが開催されています。 その名も「第20回こども文学館えほんのひろば スズキコージ 大千世界宇宙民謡画展」。 子供たちが大好きな「えほん」、それもその独創性あふれる作風で知られる「コージズキン」こと「スズキコージ」の世界を体感できるとあって仙台文学館には多くの人が訪れています。 いや、訪れるというよりも摩訶不思議なコージワールドに誘われてしまった方が多くいらっしゃいますと言った方が正しいでしょうか。

2019.08.07