column 616. 子育て

夏は鐘崎 かまぼこの国 笹かま館【七夕ミュージアム】

2019.07.30

「夏は鐘崎 かまぼこの国 笹かま館【七夕ミュージアム】」

暑い季節の訪れとともに、仙台が誇るお祭り七夕まつりの開催に向け、心も体もワクワクしている方も多いのではないでしょうか。
一般的な七夕というと7月7日ですが、仙台の七夕は8月。
あ~もう8月が待ち遠しい。という皆様のために、1年中七夕を楽しめる施設をご紹介します。
その名も「鐘崎 かまぼこの国 笹かま館」。

「鐘崎 かまぼこの国 笹かま館」

「ここでしか見られない」、「ここでしか体験できない」、「ここでしか味わえない」をテーマに、訪れたすべての方が楽しめる場所として、
仙台が誇るかまぼこと仙台・宮城の食文化の魅力を満喫できるアミューズメント・パークです。
この館内に七夕ミュージアムという施設があります。

七夕ミュージアム

季節を問わず、いつ仙台を訪れても七夕まつりの魅力を伝えられるようにかまぼこの国では、日本ではじめて七夕飾りを常設展示した七夕ミュージアムが併設されています。
館内には、現在主流の優美な七夕飾りだけではなく、明治・大正時代の七夕飾りも再現されています。
とても貴重な七夕飾りを見て触ることができます。
また、現在の七夕まつりではほとんど見られない、紐を引いて人形を動かす仙台固有の七夕飾り、仙台仕掛けものも常時展示されています。
この仙台仕掛けものも実際に動かすことができます。御来場の際は是非お手に触れてお楽しみください。
その他に仙台七夕飾り手作り体験(要予約)などのイベントもあります。世界の一つだけの自分で作る七夕飾りはきっとステキな思い出になるはずです。
ご興味がある方は体験してみてはいかがでしょうか。

かまぼこハウス

もちろんかまぼこの国ですから七夕だけではなく、かまぼこも堪能できます。
かまぼこの国のキャラクター、「ぷくちゃん」たちがお出迎えしてくれるかまぼこハウスでは、メニュー多彩で美味しい食事を提供してくれるレストランや、
笹かまづくりを体験できるコーナーもあります。 型取りをして、しっかりと手焼きした笹かまぼこは、香ばしさとホクホクの食感で、口いっぱいに至福の味わいが広がります。
美味しく楽しい鐘崎 かまぼこの国 笹かま館。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

「鐘崎 かまぼこの国 笹かま館【七夕ミュージアム】」
住所:〒984-0001 仙台市若林区鶴代町6-65 TEL:022-238-7170
営業時間:9:30~18:00 ※季節により、営業時間の変更ならびに店休日がございます。 詳しくはお問合せください
入場料:無料 ※笹かま手焼き体験は有料です。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 620.

第20回こども文学館えほんのひろばはお出かけに最適

この季節は海やプールに山登り、花にまつりと子供たちが楽しめるイベントがいっぱいですよね。 実は今、仙台が誇る社会教育施設「仙台文学館」でも、子供たちが楽しめるイベントが開催されています。 その名も「第20回こども文学館えほんのひろば スズキコージ 大千世界宇宙民謡画展」。 子供たちが大好きな「えほん」、それもその独創性あふれる作風で知られる「コージズキン」こと「スズキコージ」の世界を体感できるとあって仙台文学館には多くの人が訪れています。 いや、訪れるというよりも摩訶不思議なコージワールドに誘われてしまった方が多くいらっしゃいますと言った方が正しいでしょうか。

2019.08.07

column 616.

夏は鐘崎 かまぼこの国 笹かま館【七夕ミュージアム】

暑い季節の訪れとともに、仙台が誇るお祭り七夕まつりの開催に向け、心も体もワクワクしている方も多いのではないでしょうか。 一般的な七夕というと7月7日ですが、仙台の七夕は8月。あ~もう8月が待ち遠しい。という皆様のために、1年中七夕を楽しめる施設をご紹介します。 その名も「鐘崎 かまぼこの国 笹かま館」。

2019.07.30

column 611.

親子でお出かけ「宇宙たんけんプラネット~だれもしらない惑星にいこう!」

夏休みの夜、野原に寝そべって星空をみた経験はありませんか。 寝そべってみる星空は広くてキレイでずっとみていられますよね。星たちを眺めながら遠く離れた宇宙のことを想像するのは子供ながらにワクワクしたものです。 そんな「宇宙」をテーマにしたイベントが「仙台市天文台」で7月20日より開催されます。

2019.07.17