column 607. 子育て

夏休みに行きたい『定義カブトムシの森』

2019.07.05

夏休みに行きたい『定義カブトムシの森』

夏、それは子供達にとって多くの生き物に触れ合える季節。
今年もまた夏休み恒例、子供達が大好きなあの虫が主役のイベントが開催されます。

定義如来西方寺「定義カブトムシの森」

平重盛(たいらのしげもり)の重臣であった平貞能(たいらのさだよし)が壇ノ浦に破れ、
隠れ住んでいたという言い伝えがある「定義如来西方寺」。
この「西方寺」で夏休み恒例のイベント「定義カブトムシの森」が今年も開催されます。
「定義カブトムシの森」は「西方寺の駐車場」を会場に、
自然に近い状態で観察できる「カブトムシの飼育観察所」を一般公開し、
カブトムシ好きな子供達が自由にカブトムシとふれあえるイベントです。

様々なコーナーがいっぱい

・カブトムシの森ゲート(入口)
定義カブトムシの森は、定義如来西方寺駐車場内にあります。入口には、横断幕が張られています。

・飼育観察小屋
約8m四方の観察小屋には、出来るだけ自然に近い状態でカブトムシを観察できるように工夫しています。
休憩所もありますので、家族でゆっくり楽しむ事が出来ます。
飼育観察小屋内には、たくさんのカブトムシを放虫しています。
ゆっくり散策しながらカブトムシを探して下さい。
※カブトムシは夜行性で日中はいろんなところに隠れています。

・カブトムシふれあいコーナー
自由にカブトムシとふれあうことが出来きるコーナーもあります。
餌をあげたり、競争させたり楽しんで下さい。
※園内のカブトムシを持ち帰る事は出来ません。販売はしています。

・受付
受付・総合案内所では、カブトムシの販売やカブトムシについて質問をすることが出来ます。

自然のカブトムシも探せます。

また観察小屋のそばには、自然の林もあり散策しながら自然に住む天然のカブトムシを実際に探すことも出来ます。
お時間のある方は子供達と過ごす夏休みの思い出に、「カブトムシの森」を体験してみてはいかがでしょうか。
きっと子供の頃の気持ちに戻ることができます。

「定義カブトムシの森」
開催期間:7月13日(土)~7月15日(月・海の日)
開園時間:10時~16時
会場:定義カブトムシの森(飼育観察所)「定義如来西方寺 駐車場」
入場料:無料(来場者の人数によって入場制限を行う事もあります。)
アクセス:JR「仙台駅」西口バスプール10番のりばから「定義行」のバス「定義」下車、
またはJR仙山線「愛子駅」から車約25分
お問合せ:大倉四季探検事務局
〒989-3213
仙台市青葉区大倉字赤坂4-4
大倉四季探検・定義カブトムシの森実行委員会
TEL: 090-8924-6667
FAX:022-393-2542

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 600.

第7回 仙台国際音楽コンクール「ヴァイオリン部門」

子育てを始め、環境保全、健康、医療など様々な分野に力を発揮している仙台市ですが、 音楽部門にも力を入れていることをご存知でしょうか。 仙台市は「楽都仙台」と謳い、仙台フィルハーモニー管弦楽団を擁し、 クラシック音楽の祭典「仙台クラシックフェスティバル」の開催や、 子供達が主役の「仙台ジュニアオーケストラ」を運営するなど音楽の発展を目指しています。 また市民団体によって屋外音楽祭も多く開催され、一年を通して街が音楽で彩られています。

2019.06.13

column 587.

休日は宮城県美術館【横山崋山展】に行ってみては?

江戸時代後期、諸角派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風、 そしてその独特の筆使いから京都で一世を風靡した絵師がいました。 その名は「横山崋山(よこやまかざん)」。 多くの流派の画法を身につけ、テーマに合わせて自由自在に筆を操る彼の絵画は京都の絵師を始め、 江戸の絵師たちにも大きな影響を与えました。 当時を生きる絵師の中で「横山崋山」の名を知らぬものはいないと言われるほどその名声は日本中に広まりました。 そんな知る人ぞ知る「横山崋山」の絵画展が仙台市青葉区にある「宮城県美術館」で開催されています。

2019.05.15