column 583. 子育て

青葉まつりに家族で出かけよう

2019.05.07

青葉まつりに家族で出かけよう

時は江戸時代、西暦1655年9月、仙台藩最大の祭りが仙台東照宮で始まりました。
この祭りは「仙台祭り」と呼ばれ、時には最大70基もの「山鉾(やまぼこ)」が城下を練り歩くほどのにぎわいをみせたそうです。
この「仙台祭り」が明治時代になるといつしか「伊達政宗公」を祀った青葉神社の礼祭とかわり、
政宗公の命日5月24日に執り行われるようになります。
この礼祭は「青葉まつり」とも呼ばれました。

青葉まつりとは

五月、仙台市民が楽しみしている「青葉まつり」が開催されます。
「仙台祭り」が起源とされるこの「青葉まつり」は、江戸時代から昭和にかけて盛大に開催されていました。
しかし、昭和40年代になると交通事情などの理由によりなくなってしまいましたが、
昭和60年、仙台市民が復活させたのです。

「市民がつくる市民のまつり」である

歴史ある「祭り」を途絶えさせてはいけないと仙台の人々が力を合わせ、「青葉まつり」を見事復活させたのです。
「青葉まつり」のスローガンは「市民がつくる市民の祭り」だそうです。
まさに市民が復活させた祭りにふさわしいスローガンですよね。
この「青葉まつり」は今現在、ここ杜の都「仙台」を代表する「仙台3大まつり」の一つとして、
仙台市民を始め日本全国から観光に訪れる多くの人々に愛されて続けています。

「杜の市」が魅力

また「青葉まつり」では、美食家で知られる「伊達政宗公」の
「旬の食材を自分で調理し振る舞うのがおもてなしの心とする」という信念を形にした「杜の市」も同時開催しています。
旧仙台藩が誇る美味しい食べ物を「勾当台公園(こうとうだいこうえん)・市民広場」に集結させるそうです。
宮城県が総力をあげて行う「おもてなし」は、きっと祭りに参加する人々全員を満足させてくれることでしょう。
ちなみに今年は「ご当地ビールの味比べ」や「宮城県産のカキ三昧」などを楽しめるそうですよ。
「杜の市」で食べて笑顔、「青葉まつり」に参加して笑顔。この笑顔の連鎖が「青葉まつり」の醍醐味ですね。

今年の「仙台青葉まつり」は5月18日(土)と19日(日)の2日間。
新元号「令和」最初の「青葉まつり」、ご家族そろってお楽しみくださいませ。

「仙台青葉まつり」
住所:仙台市青葉区国分町三丁目1
開催日時:2019年5月18日(土)・19日(日)
開催場所:定禅寺通り、一番町通り、東二番町通り、市内中心部 他
お問合せ:022-223-8441 (仙台・青葉まつり協賛会事務局)

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 600.

第7回 仙台国際音楽コンクール「ヴァイオリン部門」

子育てを始め、環境保全、健康、医療など様々な分野に力を発揮している仙台市ですが、 音楽部門にも力を入れていることをご存知でしょうか。 仙台市は「楽都仙台」と謳い、仙台フィルハーモニー管弦楽団を擁し、 クラシック音楽の祭典「仙台クラシックフェスティバル」の開催や、 子供達が主役の「仙台ジュニアオーケストラ」を運営するなど音楽の発展を目指しています。 また市民団体によって屋外音楽祭も多く開催され、一年を通して街が音楽で彩られています。

2019.06.13

column 587.

休日は宮城県美術館【横山崋山展】に行ってみては?

江戸時代後期、諸角派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風、 そしてその独特の筆使いから京都で一世を風靡した絵師がいました。 その名は「横山崋山(よこやまかざん)」。 多くの流派の画法を身につけ、テーマに合わせて自由自在に筆を操る彼の絵画は京都の絵師を始め、 江戸の絵師たちにも大きな影響を与えました。 当時を生きる絵師の中で「横山崋山」の名を知らぬものはいないと言われるほどその名声は日本中に広まりました。 そんな知る人ぞ知る「横山崋山」の絵画展が仙台市青葉区にある「宮城県美術館」で開催されています。

2019.05.15