column 541. 暮らす

冬のお出かけは作並温泉郷へ

2019.01.30

冬のお出かけは作並温泉郷へ

春が近づいて来ているとはいえ、まだまだ寒い2月。寒い時期に人が欲するもの。それは「温かいもの」ですよね。
その中でも体の芯から「温かくなれるもの」と言えば「温泉」でしょう。

ここ「仙台」には心も体も温まる「温泉」がたくさんあります。今回ご紹介するのは日帰りから宿泊まで気軽に楽しめると評判の「作並温泉郷」です。

作並温泉郷とは

仙台市街地から車で約40分。江戸時代末期から受け継がれる作並のシンボルである「こけし」が温泉街の入り口で温かく迎えてくれる温泉郷。
それが古くから仙台の奥座敷として称された「作並温泉」です。
この「作並温泉」が発見されたのは今から約1200年前の奈良時代と考えられています。
発見の由来は諸説あるのですが、中でも代表的な由来が下記の二つ。

由来その1:
日本で初めて僧侶の最高位である大僧正の称号を得たとされる「行基菩薩(ぎょうぎぼさつ)」という僧侶が全国行脚中に発見したという説。
由来その2:
源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼした戦いである「奥州征伐」の際に鷹が湯浴みする姿を見て発見したという説。

まあ、どちらの由来でも「作並温泉」は「作並温泉」です。
いいお湯にかわりはありません。いいお湯があればそれでいい。ですよね。

広瀬川から湧き出る優しいお湯が魅力

広瀬川から湧き出てくる優しいお湯は保温・保湿効果に優れていると言われています。
その優しさはもちろん「お肌」にも最適。やわらかくやさしい泉質と豊富なお湯から「美女づくりの湯」とも言われています。

近代的なホテルから素朴な宿が立ち並ぶ

山間を流れる広瀬川に沿うように並ぶホテルや宿は、日帰り入浴も楽しめます。
「露天風呂」や「岩風呂」、「立ち湯」など、近代的なホテルから歴史ある宿まで各宿泊施設のお風呂をまわる「湯めぐり」は、まさに心も体も温かくしてくれます。
日常を忘れゆっくりと流れる静かな時間が「作並温泉」の魅力。日頃の疲れを癒すために一人湯めぐりもよし、家族で楽しく浸かるのもよし。

寒いからこそ感じることができる「作並温泉」の温かさ。
是非、ゆっくりと流れる時間の中でゆったりと、その温かさに触れて欲しいと思います。


「作並温泉郷」
温泉の効能
特徴:美肌
泉質:単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉
効能:神経痛、リウマチ、関節痛、婦人病、冷え性、美肌など

住所:〒989-3431  宮城県仙台市青葉区作並

アクセス:
JR仙山線作並駅から車で5分
JR仙台駅西口バスプールからバスで70分
(仙台市営バス作並温泉行き、「作並温泉元湯」下車徒歩すぐ)
東北自動車道仙台宮城ICから車で30分

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 577.

仙台ローズガーデンとは

春が近づいて来ているとはいえ、まだまだ寒い2月。 寒い時期に人が欲するもの。それは「温かいもの」ですよね。 その中でも体の芯から「温かくなれるもの」と言えば「温泉」でしょう。 ここ「仙台」には心も体も温まる「温泉」がたくさんあります。 今回ご紹介するのは日帰りから宿泊まで気軽に楽しめると評判の「作並温泉郷」です。

2019.04.17

column 570.

桜(さくら)に関する知識を知って風流に過ごそう

春が近づいて来ているとはいえ、まだまだ寒い2月。 寒い時期に人が欲するもの。それは「温かいもの」ですよね。 その中でも体の芯から「温かくなれるもの」と言えば「温泉」でしょう。 ここ「仙台」には心も体も温まる「温泉」がたくさんあります。 今回ご紹介するのは日帰りから宿泊まで気軽に楽しめると評判の「作並温泉郷」です。

2019.04.05

column 562.

春分の日を牡丹餅でもっと堪能

春が近づいて来ているとはいえ、まだまだ寒い2月。 寒い時期に人が欲するもの。それは「温かいもの」ですよね。 その中でも体の芯から「温かくなれるもの」と言えば「温泉」でしょう。 ここ「仙台」には心も体も温まる「温泉」がたくさんあります。 今回ご紹介するのは日帰りから宿泊まで気軽に楽しめると評判の「作並温泉郷」です。

2019.03.15

column 556.

牛たん通り・すし通り・ずんだ小径に家族ででかけてみよう

春が近づいて来ているとはいえ、まだまだ寒い2月。 寒い時期に人が欲するもの。それは「温かいもの」ですよね。 その中でも体の芯から「温かくなれるもの」と言えば「温泉」でしょう。 ここ「仙台」には心も体も温まる「温泉」がたくさんあります。 今回ご紹介するのは日帰りから宿泊まで気軽に楽しめると評判の「作並温泉郷」です。

2019.03.08