column 485. 暮らす

宮城県に紅葉の季節がやってきました

2018.09.14

宮城県に紅葉の季節がやってきました

色付くや 豆腐に落ちて 薄紅葉(うすもみじ)

冒頭の俳句は松尾芭蕉が34歳の時に詠った一句です。
真っ白な豆腐に色付けのための葉が一枚添えられると、 豆腐の白さでなお一層色付けられて薄紅葉になり、 それが紅葉豆腐となる。
簡単に言うと、 「白い豆腐が次第に色づいていく様子が目に見えるようです。」 といった感じでしょうか。
そんな紅葉豆腐が似合う季節、秋がやってきました。

秋と言えば「紅葉(こうよう)」

秋と言えば「紅葉(もみじ)」と同じ漢字を使用する「紅葉」ですよね。
厳密に言いますと、赤色に変わるのを「クレナイのハ」と書いて「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「キイロのハ」と書いて「黄葉(おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼ぶそうです。
時期が同じなので全部ひっくるめて「紅葉(こうよう)」として扱われています。

場所が違えば時期も変わる

この「紅葉」、実は同じ種類の木でも場所が違えば「紅葉の時期」も違います。
これは気温や湿度に関係していると考えられています。
ですが、葉がなんのために「赤」や「黄色」に色づくのかについては、いまだ明らかになっていないそうです。

仙台は「杜の都」

緑あふれる美しい土地が多くある事から別名「杜の都」とも呼ばれる「仙台」。
これから冬にかけての季節は「木々の紅葉」を楽しむ見事な名所が各所に現れます。
まず9月中旬から色づき始めるのが、秋田県に岩手県、そして宮城県と3県に聳える東北の名峰「栗駒山の紅葉」。
ちなみに宮城県では「栗駒山」と呼びますが、岩手県では「須川岳」、秋田県では「大日岳」と呼ばれています。
3県にまたがることから名前が3つ。面白いですよね。

その美しさから「神の絨毯」と呼ばれている

春から夏は高山植物が青々と芽生え「新緑」に包まれますが、秋になると「ブナ」や「カエデ」に包まれ、その姿を「紅く」変化させます。
雄大かつ広大な山の姿が、「新緑」から「紅葉」へとたちまち変化することから、「栗駒山」は「神の絨毯」とも呼ばれています。
「神の絨毯」の紅葉を気軽に眺めるのなら、宮城県側の「いわかがみ平」から山頂を目指すコースがオススメだそうです。
頂上から広がる「神の絨毯」はまさに絶景。
シーズンは10月の中旬まで続くので興味のある方は是非一度「栗駒山」へ行ってみてはいかがでしょうか。
ただし、秋は日照時間が短いので、登って下るまでの充分な時間を確保してください。

 

 

 

 

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 537.

一年のスタートはお餅から

色付くや 豆腐に落ちて 薄紅葉(うすもみじ)   冒頭の俳句は松尾芭蕉が34歳の時に詠った一句です。 真っ白な豆腐に色付けのための葉が一枚添えられると、 豆腐の白さでなお一層色付けられて薄紅葉になり、 それが紅葉豆腐となる。 簡単に言うと、 「白い豆腐が次第に色づいていく様子が目に見えるようです。」 といった感じでしょうか。 そんな紅葉豆腐が似合う季節、秋がやってきました。

2019.01.21

column 532.

大崎八幡宮の松焚祭で健康祈願

色付くや 豆腐に落ちて 薄紅葉(うすもみじ)   冒頭の俳句は松尾芭蕉が34歳の時に詠った一句です。 真っ白な豆腐に色付けのための葉が一枚添えられると、 豆腐の白さでなお一層色付けられて薄紅葉になり、 それが紅葉豆腐となる。 簡単に言うと、 「白い豆腐が次第に色づいていく様子が目に見えるようです。」 といった感じでしょうか。 そんな紅葉豆腐が似合う季節、秋がやってきました。

2019.01.09

column 528.

家族でスプリングバレー泉高原に出かけよう

色付くや 豆腐に落ちて 薄紅葉(うすもみじ)   冒頭の俳句は松尾芭蕉が34歳の時に詠った一句です。 真っ白な豆腐に色付けのための葉が一枚添えられると、 豆腐の白さでなお一層色付けられて薄紅葉になり、 それが紅葉豆腐となる。 簡単に言うと、 「白い豆腐が次第に色づいていく様子が目に見えるようです。」 といった感じでしょうか。 そんな紅葉豆腐が似合う季節、秋がやってきました。

2018.12.27

column 524.

仙台東照宮の魅力とは

色付くや 豆腐に落ちて 薄紅葉(うすもみじ)   冒頭の俳句は松尾芭蕉が34歳の時に詠った一句です。 真っ白な豆腐に色付けのための葉が一枚添えられると、 豆腐の白さでなお一層色付けられて薄紅葉になり、 それが紅葉豆腐となる。 簡単に言うと、 「白い豆腐が次第に色づいていく様子が目に見えるようです。」 といった感じでしょうか。 そんな紅葉豆腐が似合う季節、秋がやってきました。

2018.12.14