読み聞かせで育む子供の情緒

暑さも和らぎ、夜も過ごしやすくなるこの季節。就寝前の絵本タイムで親子の時間を作るのにオススメです。
パパやママも一緒なって絵本を楽しんでみませんか。

秋には秋の絵本がおすすめ

いざ読み聞かせしようと思うと、どんな本を読めば良いか迷ってしまいますが、季節感のある本はいかがでしょうか。
日本は四季がはっきりしているので、季節を感じられる本は子供にとっても環境を理解するのに役立ちます。
秋といえば、お芋や栗などの美味しい食べ物、赤や黄色の紅葉などが思い浮かびます。
行事では、遠足や運動会、お月見などがあります。
例えば、「ピーマン村の絵本たち」のシリーズ「さつまのおいも」は、さつまいもが主人公。 土の中で暮らす、さつまいもの様子が愉快に描かれています。 同じシリーズで運動会のかけっこがテーマになった「よーいどん!」もあります。 よーいどん!に、うどんをかけた言葉あそびもおもしろく、イラストもカラフルで大きく描かれユーモラスです。

落ち葉がテーマの絵本もたくさんあります。例えば、「おちばいちば」は、その名の通り落ち葉でできた市場。
落ち葉で作った素敵なスカートや秋の木の実のご馳走などが並びます。 細かなところまで書き込まれているので、1ページずつじっくり見たい絵本です。 絵本を読んだら、公園へ出かけて落ち葉を拾って楽しみたくなります。

季節の移ろいを絵本で見て、実際に外へ出て体感すると、子供の想像力が広がります。
絵本だけでは感じなかった、匂いや風、動きなど、きっと子供の五感を刺激するはずです。

就寝前の読み聞かせ

夜、寝る前に読み聞かせをするのは、忙しいママにとって時には義務に感じてしまう事もあるかもしれません。
しかし、寝る前の読み聞かせには様々な効果があります。
中でも一番大切なのは、親子のコミニュケーションタイムが子供の情緒を安定させることではないでしょうか。
語彙力をあげる、想像力をあげるなど様々な良い面がありますが、パパやママの声が子供を落ち着かせ安心して眠りにつ くための睡眠導入につながることが最大のメリットと言えるかもしれません。
また、本を読んだら寝る時間といったように生活の中でリズムを作りやすくなります。

小さい頃から読み聞かせをしていると自然に本好きの子に育ち、大きくなってからは自ら本を手に取ることが増えるとも言われています。
最近では動画サイトなどで読み聞かせをしている動画が公開されているケースもありますが、親がこの本はどんな本だろう と事前に調べるためには良いですが、それを子供に見せるのはやめましょう。
図書館などで借りて、実際に声に出して読むことがスキンシップになるのです。
家事が忙しい時でも、就寝時間になったら手を止めて、親もゆったりした気持ちで本を開いてみてください。
きっと心が落ち着く親子の時間がもてるはずです。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む