動物とのふれあいが子どもの優しさを育てる

動物と触れ合うと大人でも優しい気持ちになると思います。
子どもも同じです。
子どもの頃から動物と触れ合うと、優しく愛情深い人に育つと言われています。
今回は動物とのふれあいについてご紹介します。

動物とのふれあい効果

動物が身近にいることで子どもに与える影響は計り知れません。
優しい気持ちが育つだけでなく、世話をしければならないという責任感が生まれます。
また、抱っこする、なでるなどの中で、痛さなどの加減も学びます。
そして、いつか訪れる死を通じて命についても学べるでしょう。
このように、様々な良い面をもった動物とのふれあいは、可能な限りぜひ取り入れたいものです。

家で飼う

何と言っても、自宅でペットを飼うのが一番身近です。
屋外で飼うのであれば犬がもっとも多いでしょう。
室内で飼う場合も人気は犬、そして猫ですね。犬は小型であまり鳴かない犬種が好まれます。
「ぶさかわ」で人気のパグなどがその代表でしょう。
猫は大きな声で鳴かないうえ、足音もうるさくないためマンションなどでは飼いやすいでしょう(ペットOKの物件に限る)。
その他に人気のペットは、うさぎ、モルモット、ハムスター、インコ、魚、亀などです。あまり散歩の心配もなく、室内で飼うのにおすすめです。
ペットを飼ううえでは、アレルギーや感染症には十分な注意が必要です。
また、室内で飼うことにより、動物によっては毛が落ちたり、時にはノミやダニもいる可能性があるので、こまめに掃除や換気をする必要もあります。

外で触れ合う

家で飼うとしてもそれほど多くの動物を飼うわけにいきませんので、たまには動物園も良いでしょう。
直接動物と触れ合えるコーナーを設けているところも多いものです。
普段見ることができない動物の姿を見ることができるうえ、家族の思い出にもなって良いですね。
少し遠出してプチ旅行と合わせておでかけもおすすめです。
今、三井アウトレット仙台港では、那須どうぶつ王国とコラボ企画をしています。
三井アウトレットパーク仙台港内にある顔出しパネルで撮影した写真を見せると那須どうぶつ王国の入場料が500円割引になるのです。
しかも5名まで割引可なので、家族みんなで出かけてもお得に入場できます。
こんな嬉しい特典があれば、少し遠い動物園でも気軽に楽しめそうですね。


子どもが小さい時こそ、家族でのおでかけ、そして動物とのふれあいを大切にしたいものです。
そして、それは子どものためだけでなく、親にとっても素敵な経験と思い出になること間違いなしです。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む