column 604. 便利にする

アスパラガスの美味しい季節

2019.06.24

アスパラガスの美味しい季節

新緑の季節が流れ、暑い夏の訪れが近づいてきました。
そんな夏の訪れと共に、歯ごたえ抜群のあの美味しい野菜が旬を迎えます。

その野菜とは、アスパラガスです。

アスパラガスとは

アスパラガスの歴史は古く、古代ギリシャ・ローマ時代にはすでに特別な食材とされていました。
さらに時代をさかのぼった5000年以上前の古代エジプト王朝のころには、
王様たちの食卓にアスパラガスがのぼっている様子が、ピラミッドの壁画やフレスコ画に描かれています。
当時は緑色で草の茎ほどの細い野生種のアスパラガスを食していたと言われています。
紀元前200年頃のローマ時代になりアスパラガスの栽培が盛んになってくると、
草の茎ほどの細さのものは次第に減っていき、太いものが主流となっていきました。

日本に伝わったのは江戸時代

そんなアスパラガスが日本へ伝わったのは江戸時代と言われています。
でも、このころは食用ではなく観賞用だったそうです。
観賞用から実際に栽培されて食卓にのぼるようになったのは、昭和になってからだそうです。
ちなみにアスパラガスには白い物と緑の物がありますよね、実はどちらも同じ品種のアスパラガスなんです。
よく缶詰などで売られているホワイトアスパラガスは盛り土の中で育ち、日光に当たらないうちに収穫します。
その反対に、日光にたくさん当たって育ったのがグリーンアスパラガスです。

アスパラガスの栄養素に注目

アスパラガスにはカロテン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなどが含まれています。
また穂先には毛細血管を丈夫にする働きのあるルチンが多く含まれていて、
動脈硬化や高血圧の予防によいと言われています。

ただ栽培方法によって栄養価がかなり変わるそうで、ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスでは、
日光を沢山浴びて育ったグリーンアスパラガスの方が栄養価は高いそうです。
栄養を気にする方はグリーンアスパラガスを食べると良いでしょう。
そんなの気にしないという方は、お好きにご賞味ください。

シャキシャキと歯ごたえを味わえるグリーンアスパラガス。
クリーミーな歯触りと風味が魅力のホワイトアスパラガス。
お好みに合わせて旬の味をご堪能ください。
ちなみに今現在は紫のアスパラガスも仲間入りしているそうです。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 634.

『第29回 定禅寺ストリートジャズフェスティバル』に注目

2019年の夏も終わりが近づき、間もなく季節も秋へとシフトチェンジしていきます。夏好きの皆様にとっては、夏が終わってしまうのはちょっと寂しい気持ちになりますよね。 ですがご安心ください。ここ仙台には暑い夏のあとに熱い演奏がやってきます。 仙台の熱い演奏といえば、杜の都を代表する恒例の音楽フェスティバル「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」です。

2019.09.04

column 622.

そうめんで夏を乗り切る生活の知恵!

8月、夏もピークに入り、暑い日が続くようになってきました。暑い夏にはやっぱり冷たいものが恋しくなりますよね。 そんな夏を代表する冷たいものと言えばそうめんですよね。 氷を入れてキンキンに冷やしたそうめんをダシの効いたつゆと一緒にツルっと体の中に流し込む。ヒンヤリとしたそうめんがのどを通ると何故か「あ~」と声を出してしまいますよね。 あの安らぎの時間を過ごせば、いつのまにか暑さも忘れてしまいます。

2019.08.07

column 613.

夏の風物詩『藪入り』とは?日常使える豆知識をご紹介

昔のことですな、かわいい一人息子、十にも満たないあどけない一人息子を他人の家で三年間修行させる行事があったわけです。 こりゃもう大変ですよ。三年経って初めて我が家へ帰って来るという「薮入り」というやつですな。 盆と正月にこの「薮入り」がありますが、厳しい家で修行なんてことになると「里心がつかんように」なんて言われて、三年間なかなか家へ帰ることができません。 三年ぶりに一人息子が帰って来るとなったら、そりゃあもう一番気になるのは親の方ですな。三年ぶりに一人息子に会えるってことで、前の晩なんかまず寝られません。

2019.07.17