column 593. 便利にする

新緑(葉緑素)でフレッシュな生活の活力を!

2019.05.28

新緑(葉緑素)でフレッシュな生活の活力を!

「新緑」の季節がやってきました。
「あらたなみどり」と書いて「新緑(しんりょく)」
新緑とは春から初夏にかけて、冬枯れの木々が芽吹き、鮮やかな緑色になる現象のことを言います。
ただし植物もタダで緑になれるというわけではありません。
太陽の光を浴びて光合成をして初めて、緑色になることができるのです。
「光合成」とは、緑色植物が光のエネルギーを用いて、
二酸化炭素と水からデンプンなどの炭水化物を合成して酸素を放出することを言います。

葉緑素とは

光合成に必要なのが「葉緑素」という要素。
別名「クロロフィル」とも言います。
植物細胞の葉緑体の中にあり、光合成を行う上で、なくてはならない緑色の色素。
この「クロロフィル(葉緑素)」は胃や腸の運動を活発にしてくれるので、便秘解消などに良いと言われています。

また、肺の呼吸運動が改善されるため基礎代謝があがり、
鉄分の摂取と同様の効果により貧血にも良いと考えられています。
「クロロフィル(葉緑素)」はほうれん草やニラなどに多く含まれています。
ほうれんそうやニラの旬は春先から初夏、まさに今が食べごろ。
この二つの食材でおいしく「クロロフィル」をいただきましょう。

活かす調理法にポイントあり

「クロロフィル」を効率よく摂取するには調理法が大事。
そこで効果的な調理法のポイントをご紹介します。

ポイント1:熱を加える
「クロロフィル(葉緑素)」の効果を得るには、生で食べるサラダではなく、
熱を加えたおひたしや、ソテーなどがオススメです。
ただし熱を加えすぎると逆に栄養分が失われてしまうので要注意です。
熱湯にササっと湯通しするくらいがちょうどいいそうです。

ポイント2:細かくする
これはもうミキサーにかけちゃうぐらい細かくするのがベスト。
細かくすればするほど細胞壁が壊れて、「クロロフィル(葉緑素)」が働きやすい状態になると言われています。

というわけで熱を加える、細かくするというのがポイントです。

焼き海苔もオススメ

『いやいや、ほうれんそうやニラをいちいちミキサーで細かくするなんて面倒くさい』という皆様。
そんな皆様にオススメの食材が焼き海苔。
焼き海苔は海藻のアマノリを細かく粉砕した後、加熱して作られます。
つまり「クロロフィル(葉緑素)」を手軽に摂取できるお得な食材なのです。

緑が芽吹く新緑の季節、せっかくですから私達も緑の力を大いにいただきましょう。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 622.

そうめんで夏を乗り切る生活の知恵!

8月、夏もピークに入り、暑い日が続くようになってきました。暑い夏にはやっぱり冷たいものが恋しくなりますよね。 そんな夏を代表する冷たいものと言えばそうめんですよね。 氷を入れてキンキンに冷やしたそうめんをダシの効いたつゆと一緒にツルっと体の中に流し込む。ヒンヤリとしたそうめんがのどを通ると何故か「あ~」と声を出してしまいますよね。 あの安らぎの時間を過ごせば、いつのまにか暑さも忘れてしまいます。

2019.08.07

column 613.

夏の風物詩『藪入り』とは?日常使える豆知識をご紹介

昔のことですな、かわいい一人息子、十にも満たないあどけない一人息子を他人の家で三年間修行させる行事があったわけです。 こりゃもう大変ですよ。三年経って初めて我が家へ帰って来るという「薮入り」というやつですな。 盆と正月にこの「薮入り」がありますが、厳しい家で修行なんてことになると「里心がつかんように」なんて言われて、三年間なかなか家へ帰ることができません。 三年ぶりに一人息子が帰って来るとなったら、そりゃあもう一番気になるのは親の方ですな。三年ぶりに一人息子に会えるってことで、前の晩なんかまず寝られません。

2019.07.17