column 540. 便利にする

お買い物は仙台朝市へ!

2019.01.30

お買い物は仙台朝市へ!

仙台で食材を購入する時、どこに行きますか?
スーパーやコンビニも便利ですが、今回ご紹介するのは仙台の台所、「仙台朝市」です。

仙台朝市とは

仙台朝市の起源は終戦直後、仙台駅の前に並んだ露天「青空市場」。その長い歴史の中、現在も約70ほどのお店が市民のお腹をみたしています。
仙台市民の台所として愛されてきた「朝市」、今では多くの観光客が訪れる観光名所になっています。
それもそのはず「仙台朝市」は、鮮魚から野菜に果物、お肉に惣菜などなど、仙台を始め東北の伝統的な食材が勢ぞろい。
ここにくれば仙台の食のすべてがあるとなれば、皆様がこぞって訪れる気持ちもよくわかります。

驚きの品ぞろえ

まず「仙台朝市」とくれば「塩釜のマグロ」と「気仙沼のカツオ」でしょう。そこに「石巻のウニやホタテ」、「女川のホヤ」などが大集合。
これほど新鮮な鮮魚や海産物が毎日集まって来るわけですから、「仙台朝市」が大賑わいの理由も頷けます。
お魚が苦手というかたもご安心ください。もちろん「笹かまぼこ」など仙台名物食材も用意されています。
仙台ならではの「食材」を大いに楽しんでほしいと思います。

普通「朝市」と聞くと鮮魚を想像しますが、「仙台朝市」は「青果」や「くだもの」などの食材も豊富にあります。
日本有数のフルーツ産地である山形が近いこともあり、山形で収穫した「くだもの」、それに宮城県内の「青果」・「くだもの」があわさって、鮮やかな色彩を持つ多種多様な「くだもの」を楽しむことができますよ。

毎月一度の「ぴか市」も開催

毎月第3土曜日は、お得な商品が並ぶ「ぴか市」(9~18時)が開催されます。
この日は各店舗で文字通り「ぴかっ」と光るお得な商品が並びます。
通常でも手頃な価格で人気の「仙台朝市」なのですが、「ぴか市」ではさらにお得に商品を購入することができますよ。
目玉商品を手に入れたい皆様は是が非でも「ぴか市」に行くことをオススメいたします。

海の幸、山の幸を同時に楽しめる仙台の台所、「仙台朝市」。お買い物の際にいかがでしょうか。


「仙台朝市」
住所 〒980-0021  宮城県仙台市青葉区中央4-3-28
1:仙台駅から徒歩で5分
2:東北自動車道宮城ICから車で10分

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 622.

そうめんで夏を乗り切る生活の知恵!

8月、夏もピークに入り、暑い日が続くようになってきました。暑い夏にはやっぱり冷たいものが恋しくなりますよね。 そんな夏を代表する冷たいものと言えばそうめんですよね。 氷を入れてキンキンに冷やしたそうめんをダシの効いたつゆと一緒にツルっと体の中に流し込む。ヒンヤリとしたそうめんがのどを通ると何故か「あ~」と声を出してしまいますよね。 あの安らぎの時間を過ごせば、いつのまにか暑さも忘れてしまいます。

2019.08.07

column 613.

夏の風物詩『藪入り』とは?日常使える豆知識をご紹介

昔のことですな、かわいい一人息子、十にも満たないあどけない一人息子を他人の家で三年間修行させる行事があったわけです。 こりゃもう大変ですよ。三年経って初めて我が家へ帰って来るという「薮入り」というやつですな。 盆と正月にこの「薮入り」がありますが、厳しい家で修行なんてことになると「里心がつかんように」なんて言われて、三年間なかなか家へ帰ることができません。 三年ぶりに一人息子が帰って来るとなったら、そりゃあもう一番気になるのは親の方ですな。三年ぶりに一人息子に会えるってことで、前の晩なんかまず寝られません。

2019.07.17