column 510. 便利にする

レジャーの秋、エコドライブで出かけましょう☆

2018.11.21

レジャーの秋、エコドライブで出かけましょう☆

秋はレジャーの季節。ご家族そろって愛車でお出かけする機会も多いと思います。
そんなクルマで移動の際、ちょっとした運転の仕方で地球に優しく、お金の節約にもなる運転方法があります。
それが「エコドライブ」です。

エコドライブ

環境に優しい運転を「エコドライブ」と言います。

・発進、減速、停車はゆっくり。
・急発進、急停車はしない。
・アイドリングストップ、エンジンをかけたまま駐停車はしない。

このような心掛けを徹底して、車にも人にも優しく燃料の使用を控え、二酸化炭素を減らす運転が「エコドライブ」です。
簡単にいうと「みんなに優しい運転」といった所でしょうか。
「エコドライブ」は「二酸化炭素も削減」できるし、燃費も抑えられてお財布にも優しい。その上、必然的に安全運転になるという、とっても素敵な運転方法です。

アクセルは優しくゆっくり

モーターなどが組み込まれた機械というのはスタートの際に最もエネルギーを消費します。
それはクルマも同じで、クルマも発進時に最も多くの燃料を消費します。急発進した場合には通常発進の何倍もの燃料を消費することになります。
ところが、優しくゆっくりアクセルを踏んでスタートさせると、燃費の消費を抑えることができるのです。
しかも、優しくゆっくりとアクセルを踏む運転は安全運転にも直結します。焦らず急がずゆっくりと、心と時間に余裕をもって、楽しい気分でお出かけください。

安定したスピードを保ちましょう

急に速度をあげたり、減速したりと波のある走り方も燃費の消費を悪化させる原因となってしまいます。
速度を一定に保つといった安定した走り方を心がけるだけで、燃費は驚くほどよくなります。
車間距離を充分にとり、発進や停車もゆったりできるよう安定したスピードで運転するようにしましょう。

エンジンブレーキが効果絶大

このエンジンブレーキによる燃費節約の効果は本当に絶大です。
理由は簡単、燃料を使ってないからです。クルマはアクセルを離すと燃料の供給がストップします。
回っている扇風機の電源を切ったら回転もゆっくりになって次第に止まりますよね。あれと同じ原理です。
エンジンブレーキを使用するだけで約2割も燃費削減になります。
止まる位置を把握できたら、早くからアクセルを離して、エンジンブレーキを使いましょう。
エンジンブレーキは下りの坂道でも有効な手段となるので、下り坂を走る際もエンジンブレーキを有効的に利用してください。

渋滞を避け、余裕をもって出発☆

渋滞による発進や停止がクルマにとって一番の大敵。あっと言う間に燃料がなくなってしまいます。
今はスマートフォンなどで交通情報も比較的簡単に知ることができます。
そういった情報から、あらかじめルートなどを確認して、余裕をもって出かけることをオススメします。

タイヤの空気圧チェックも忘れずに

タイヤの空気圧が少ないと2割~4割も燃費が悪化します。定期的に確認するようにお願いいたします。

エアコンはうまく使用しましょう

夏場にエアコンで温度を下げすぎたり、冬場に上げすぎたりすると相当な燃費の悪化につながります。
エアコンを使用しなくてもいい気象状況であれば極力エアコンの使用は控えましょう。窓をあけて車内温度を調節するだけでも結構快適になりますよ。

レジャーにうってつけの季節、秋。
すべてに優しいエコドライブで楽しい時間をお過ごしください。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事