column 678. 買う&売る

仙台で家を売る前に検討!資産価値を高めるリノベーションとは

2019.12.13

仙台で家を売る前に検討!資産価値を高めるリノベーションとは

購入した住宅を終の棲家(ついのすみか)にする人は、最近では少ないかもしれません。
子供が生まれる前は二人用の家に住み、子供が生まれたら子供の数に応じた部屋のある家に住み、子供が独立したら夫婦に丁度良い広さの家に住む家庭が最近では増えています。
その場合は住み替えの際に家を売却する事になりますので、出来るだけ高い値段で売るための対策が必要になります。
そこで、家の資産価値を落とさない、むしろ、上げていくためのリフォームやリノベーションが必要です。それぞれのポイントについてお伝えします。

エネルギー効率の良い家にする

社会全体から歓迎され、また、住人からの需要も高いのが、エネルギーの消費効率の良い住宅です。
具体的に言うと、
・断熱性が高い住宅
・エネルギー消費が少ない住宅
・エネルギーを生み出せる住宅
です。
そのための対策としては、例えば2重窓にしたり、家の中の照明全てをLED照明に変えたりします。他にも、屋根にソーラーパネルを設置する等の対策が考えられます。
国もエコロジー的な環境に配慮した住宅の建築を推進しています。また、こういったリフォームやリノベーションを行う際には、助成金を出す自治体も存在します。
助成金を利用すれば、費用が半分で済む事もあります。是非とも利用したい所です。
 

間取りを現在の流行に合わせる

次に考えたいのは、住む人に合わせた間取りの変更です。
最近のリノベーションで人気が高いのは、日差しが入ってくる南向きの部屋を広いリビングに変えてしまう手法です。
4LDKのように個室を重視した造りにするのではなく、家族全員がゆったりと過ごせるような、広くて快適なリビングを備えた住宅が好まれる傾向にあります。
そこで、例えば、リノベーションを施して3LDKの家を1LDKに変えるとします。
この場合は大きなリビングと両親の寝室、子供の寝室がそれぞれ一つと、家族の共有スペースと個室を割り当てるリノベーションが考えられます。
普段は家族全員がリビングで過ごし、リビングの中に家族それぞれのパーソナルスペースを設けます。そういった間取りにすれば、プライバシーの確保と家族のコミュニケーションの両立が可能です。
また、和室は現在の所あまり人気がありません。和室を洋室に変えるリノベーションも効果的です。

スマートホーム化を行う

数々の中古住宅やマンションの中から、購入希望者が興味をそそるようなスマートホームの住まい造りを検討してみましょう。
スマートフォンで鍵の開閉ができたり、AIスピーカーで音楽をかけたり、情報収集がいつでもできる家は、魅力的に映るものです。
スマートホーム化には、それほど費用はかかりません。
具体的には、無線LANを導入してインターネットにつなぎ、インターネットで操作が可能な家電に買い替えれば良いだけです。AIスピーカーは数千円で購入できます。

リノベーションをするにも、コストパフォーマンスが悪ければ何の意味もありません。売却時には掛けた費用以上の値段で売れるようにするだけの、コスト的に意味のある対策を取りましょう。
 

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 690.

高級マンション こんな設備はいずれ使われなくなる!

タワーマンションやブランドマンションなど、いわゆる高級マンションには通常のエントランスやゲストルームなどの共用施設だけではなく、より高級な共有設備がついていることが多いです。 しかし、そういった設備の中でも、役立つ設備と役に立たない設備があります。 共有設備の維持には住人の管理費が使われますから、不要な設備が多いマンションは、無駄な管理費が発生することもあるのです。 数ある共有設備の中、需要がなくなる可能性があるものをピックアップしてみました。

2020.01.16

column 687.

仙台の元エースもハマった!投資用ローンの注意点

仙台に本拠地を構えるプロ野球チームと言えば、東北楽天ゴールデンイーグルスですよね。 その東北楽天イーグルスで球団創設間もない頃、エースとして活躍していた投手が一場靖弘選手でした。 現役引退後、一場選手はプロ野球選手や指導者としてではなく、一般の会社で営業マンとして働いていたそうです。 その一場選手が自己破産をしたという報道が先日、行われました。 高収入であるはずのプロ野球選手が、なぜ、不動産の購入で自己破産に陥ったのでしょうか。 投資用ローンの注意点についてお伝えします。

2020.01.08

column 682.

仙台の物件も少額からの投資が可能!?不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資の手法にも様々なものがあります。特にインターネットテクノロジーの発展によって、最近ではインターネット上だけで完結する不動産投資が増えています。 その中の一つとして「不動産投資型クラウドファンディング」があります。そこで、ここでは不動産投資型クラウドファンディングの特徴をご紹介します。

2019.12.24