column 658. アンケート調査

宮城県民はお酒を週何回ぐらい飲んでいる?美味しい東北の地酒も紹介。

2019.10.29

宮城県民はお酒を週何回ぐらい飲んでいる?美味しい東北の地酒も紹介。

お酒はお好きですか?
今回は宮城県にお住まいの方々に、週何回お酒を飲むかというアンケートを実施いたしました。
最近は日本人のお酒離れが進んでいると言われますが、みなさんはどれくらいたしなむのでしょうか。
 

宮城県民は、週何回ぐらいお酒を飲むか?

「週に何回お酒を飲みますか。(お答えは1つ)」という質問の、200名の方の答えは以下の通り。

【回答】
全く飲まない・・・59人(29.5%)
週1日未満・・・44人(22%)
毎日飲む・・・43人(21.5%)
週1~2日・・・28人(14%)
週5~6日・・・13人(6.5%)
週3~4日・・・13人(6.5%)

【結果】 「全く飲まない人」と「週1日未満の人」で50%を占める結果となりました。特に最近の若い世代の人にはあまり飲まないという傾向が増えてきているようです。
とはいえ、全国的には平成29年の調査で「ほぼ毎日飲んでいる」が男性で14.7%、女性で8.6%。
そう考えると、宮城県の人達は「毎日飲む」が21.5%、「週5~6日」が6.5%で、あわせて28%です。
全国に比べると、お酒を飲む人がかなり多い地域であると言えます。  

宮城の人達はどこでお酒を飲んでいる?

続いて、以下の質問も行いました。

【質問】
お酒はどこで飲むことが多いですか。(お答えはいくつでも)

【回答】
自宅・・・91人
居酒屋・・・32人
bar・・・10人
スナック・クラブ・・・9人
カラオケ・・・4人
友人・知人宅・・・3人
屋外(BBQなど)・・・1人
その他・・・1人

【結果】
複数回答ではありますが、自宅が91人と非常に多い結果となりました。
やはりお店で飲むよりも安く済みますし、落ち着けるという点で自宅を選択される方が多いのでしょう。
 

東北3県のおすすめ銘酒ご紹介

全国と比較して宮城の人達がお酒を飲む割合が多いのは、近くの青森と岩手、秋田で銘酒が醸造されているからかもしれません。
各県の銘酒のおすすめをご紹介しましょう。
青森のおすすめは、田んぼで生産されたもの以外は使わず純米酒にこだわった「田酒(でんしゅ)」という銘柄。
米の甘みとコクがあり燗にしてもとてもおいしいお酒です。

岩手でおすすめは「南部美人」、JALのファーストクラスの機内酒に採用されているほどの銘酒。
ほのかな吟醸香や口当たりが抜群で、白身魚などと一緒に飲めば最高です。

秋田でおすすめは「新政(あらまさ)」。
シャープなキレと味わいの豊穣さが醸し出され上品な香りを持ったお酒です。

今回は宮城県の人達にお酒を週に何回飲むかということについてのアンケートを実施いたしました。
飲酒習慣は減少傾向にありつつも、宮城県は、やや全国に比べるとお酒を飲む人が多いということがわかります。
今回ご紹介した青森、秋田、岩手に限らず、宮城県でも「伯楽星(はくらくせい)」「阿部勘(あべかん)」「勝山 献(かつやま けん)」など美味しいお酒が作られています。
時々そういった美味しいお酒をたしなみ、ぜひ宮城に生まれた幸せを実感しましょう。


 

一覧に戻る