column 617. 買う&売る

仙台のマンション!競売物件を買うのはあり?なし?

2019.07.30

仙台のマンション!競売物件を買うのはあり?なし?

不動産を安く購入できる手段としてよく知られているのが、競売を通じた物件の購入です。
競売に出ている物件は入札で価格が決まるので、あまり入札がなかった場合、相場より安く不動産を買える可能性があります。
そこで競売でマンション物件を購入するのは果たしてお得なのか損なのか。メリットとデメリットの両方を見て考えてみましょう。

マンションの場合建物が大きく破損している可能性は低い

競売物件の最も大きなリスクは、入居者が建物を適切に使用しておらずゴミ屋敷になっていたり、設備が破損していたりすることです。
特に戸建住宅の場合、掃除が全く行われておらずせっかく購入したものの、大幅なクリーニングや修繕をしなければ使えなかったということがあります。
さらに競売物件の場合内覧ができないので、裁判所が用意する書類で内部の状態を判断するしかありません。
ただし、マンションであれば、戸建て物件により適切な状態に保たれているケースが多いです。
水漏れなどがあれば他の部屋から指摘が来ますし、ゴミ屋敷になって異臭がすれば、周囲の住人が気付きます。
他人の目に触れやすいので、室内が悲惨な状況ということはそう多くはありません。

価格が一般的な物件と変わらないケースもある

戸建て物件と比べれば競売に出るマンション物件は、比較的安全だと言えます。
一方、それを他の人も知っているので競売に出るマンション物件は入札が何件も入りやすいです。
特に宮城県内でも仙台の駅近くなど都心部にある物件は、多くの人が入札のチャンスを狙っています。
結果的に落札価格が一般的な不動産売買の相場と、そう変わらなくなってしまうこともあります。
価格面での優位性がなくなってしまうと、競売で購入する意味はあまりないと言えるかもしれません。

入居者リスクなどを考えると通常の手段で購入した方がベターかも

物件の状態が適切に保たれていても、入居者の問題が競売物件にはあります。
元の持ち主が居座り、周囲の人間とトラブルを起こしてしまった場合、新規入居者募集をしてもなかなか入居者が決まらないことがあります。
また前の持ち主に退去してもらうために、無駄な時間の発生で収入が下がったり、心理的なストレスが発生することもあります。
このようなリスクが考えられる中、価格的なメリットがそれほど大きくないと考えると、競売物件でマンションを購入する場合はあまり適切ではないといえそうです。
きちんと内覧ができてかつ入居者がいない状況で物件を購入できたほうが、後々のリスクを考えずに済み、健全な不動産投資が可能になってきます。
マンションを購入するのであれば、不動産会社に仲介に入ってもらうのが、最も安全です。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 626.

個人が不動産を購入するときでも、宅地建物取引士の資格は役に立つ?

不動産に関する資格の中で、有名なものの一つに宅地建物取引士の資格があります。宅地建物取引法や民法など、不動産の売買や賃貸に関する知識を幅広く身に付けることができるのが、この資格の特徴です。宅地建物取引士の資格は、個人で不動産を購入する際にも役立つのでしょうか。

2019.08.19

column 621.

リノベーションで個人支給部材を利用するときの注意点

仙台でもこれまでに建てられた中古マンションは数多くあります。 その中には築20年・築30年と相当な時間が経過した物件もあり、購入後にそのまま住むのはなかなか厳しいものがあります。 そんな場合はリノベーションで壁紙や床材の張替え、または、設備や間取りを刷新することで新築のように綺麗になり、暮らしが快適になります。 リノベーションを行うときは設備の仕入れを工務店に任せるだけではなく、自分で購入して工務店に提供する施主支給のケースがあります。この施主支給についての注意点とメリットをお伝えします。

2019.08.07

column 617.

仙台のマンション!競売物件を買うのはあり?なし?

不動産を安く購入できる手段としてよく知られているのが、競売を通じた物件の購入です。競売に出ている物件は入札で価格が決まるので、あまり入札がなかった場合、相場より安く不動産を買える可能性があります。 そこで競売でマンション物件を購入するのは果たしてお得なのか損なのか。メリットとデメリットの両方を見て考えてみましょう。

2019.07.30

column 612.

降雪量の多いエリアでマンションを買うことのリスクを知っておこう

仙台は太平洋側ということもあり、東北地方の中ではそれほど降雪量が多くはありません。 それでも関東地方と比べれば年間の平均降雪量は多いですし、宮城県内でも購入する場所によっては降雪量を気にしなければいけません。 降雪量が多いエリアに物件を購入することには、いくつかのデメリットがあります。 そのデメリットを知ってマンションを購入するエリアを選んでいきましょう。

2019.07.17