column 608. 買う&売る

マンションの資産価値は管理会社の良し悪しで左右される!見抜くポイントは?

2019.07.05

マンションの資産価値は管理会社の良し悪しで左右される!見抜くポイントは?

宮城県内でも、仙台を中心に現在では数多くのマンションが建てられています。
そのマンションにずっと住みたいという人、いずれ転居を考えている人の両方が購入者にはいるでしょう。
ずっと住むにせよ、マンションをいずれ売却するにせよ、
マンションの資産価値は高い状態で維持されているに越したことはありません。
マンションがきちんと管理されていないと資産価値が下がり居住性が悪くなるだけではなく、
売却時の価格も安くなってしまうことがあるのです。 そこで、良い管理会社を選ぶポイントここではお伝えします。

連絡に対するレスポンスが早い

管理会社に最も求められる条件は、住人の要望へのレスポンスの早さだと言えます。
住人が管理状態に不安を持った場合にすぐ適切な対応をしてくれるか、
防犯体制などに不安を感じた時にきちんと不安を解消するための施策を行ってくれるか、といった点は大変重要です。
レスポンスの悪い管理会社の場合、不満を訴えても管理の変更が行われるまで半年や1年かかってしまうこともあるのです。
定期的に管理人が巡回しており、マンションの状態を良く保つための施策を管理会社から提案してくるか。
そういった点をきちんと確認しておきたいものです。

管理する対象や費用が適切であるか

マンションに住んでいる場合、管理費や積立修繕費はどうしても経年で上昇します。
管理費や修繕費の負担が重くなったことで、退去してしまう人もいます。
住人の退去発生後すぐ新しい住人が入ってくる、といった新陳代謝が行われないマンションは、
そのうち空室ばかりになってしまい、満足な管理が行われなくなってしまうこともあるのです。
こういったランニングコストの上昇による退去を防ぐためには、
住人の収入や資産状況にあった適切な修繕計画が行われているかを判断する必要があります。

管理状態を良く保つためには、どうしても修繕費などがかかってしまいます。
それでも、不要な設備にまでお金を掛けすぎるのも、適切な管理とは言えません。
住人が本当に必要としている設備にお金をかけ、
不要な設備は敢えて使わずに管理しない状態にする、という断固たる措置も時には必要になります。
そういった判断が行える管理会社を選ぶようにしましょう。

管理組合と意思の疎通が取れているか

マンションの管理を行うのは管理会社だけでありません。
管理計画を立てるのは、住人によって構成される管理組合です。
管理組合と管理会社が良好な関係を保てているか、そこも重要です。

時には管理組合が管理会社を見放し、自分たちで管理しようということもあります。
しかし、その場合結局は誰も管理する人間がおらず、
修繕が必要な場所に修繕が行われない状態で放置されてしまうこともあるのです。
管理会社だけではなく管理組合側の責任で管理が行われていないこともあるのです。
管理組合と管理会社が、きちんとコミュニケーションを取る体制になっているのかも必ず確認しましょう。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 651.

仙台で物件を買うときに意識したいこと!銀行の融資がおりやすい時期とは

投資用・居住用のいずれのケースでも、不動産を購入するときには銀行などの金融機関の融資が必須です。金融機関からの融資は個人の属性が重視されますが、それ以外にも金融機関の都合によって融資がおりやすい、または、おりにくい時期があります。 そのタイミングはどうなっているのか、確認していきましょう。

2019.10.15

column 643.

中古マンションを買う時には積立修繕費の金額をチェック

初心者が始めやすい不動産投資といえば、中古マンション投資と言われています。マンションは売却がしやすく、立地が良い場所に建っていることが多いからです。 また、品質管理も管理組合が行っているので、劣化が少なく、購入リスクが小さいのです。 しかし積立修繕費がきちんと組み立てられているか、その点をチェックしないと後々大きな出費になることがあります。その理由を見てみましょう。

2019.09.26