column 596. 買う&売る

マンションをスムーズに売るためには空き家にしておくのが良い

2019.06.04

マンションをスムーズに売るためには空き家にしておくのが良い

マンションを売りたくなった時に、自分たちが住みながらの状態で売るのか。
それとも自分達は先に新居に引っ越してから売るのかで、売れやすさは大きく違ってきます。
マンションを売る時には、早めに引っ越して家を空き家にしておくことで、
早く、そして高く売れる可能性が出てくるのです。

空室にしておくと部屋が広く感じられる

自分たちが住んでいる状態を内見してもらうと、どうしても部屋の中がごちゃごちゃして生活感が出てしまいます。
部屋の中に物が多いと、広いはずのリビングでも、どうにも部屋が狭く感じられてしまいます。
そのため、内見に来た人にとってあまり魅力的に映らないことが多いのです。
それよりも完全な空室状態にしておけば、部屋の中が広く感じられ、内見にきた人にとっても魅力的に映るようになります。
また内見しに来た際に、空室であれば、家具や家電の配置などを想像しやすくなります。
その意味でも内見者が新居に良いイメージを持ちやすくなってくるのです。

空き家の状態であればすぐに引き渡しができる

入居者にとって新居を購入し売買契約を結んだのに、なかなか引っ越すことができない状況はかなりのストレスになります。
実際、新居購入してしまったらすぐに引っ越せば家賃を支払う必要がなくなるので、支出が少なくなるのです。
それに加えて、憧れの新生活に早く移りたいという気持ちもあります。
売主が住んでいる状態で売買契約を結んでも、売主が引っ越さない限り転居することができません。
しかし空き家であれば、売買契約を結んで鍵の受け渡しを行ったら、すぐに引っ越すことができます。
そういった意味でも早く売れやすくなるのです。

空き家にしておいた方がハウスクリーニングの費用が安い

家を売る際には、少しでも清潔に見せるためにハウスクリーニングを行う人が多いです。
しかし物が置かれたままのハウスクリーニングは、空室状態のハウスクリーニングよりも費用がかかってしまいます。
3LDKのマンションであれば、費用は5万円から10万円は変わってくるでしょう。
また生活しながらのハウスクリーニングにはどうしても限界がありますから、
家をピカピカにしても、古い家具や家電が置いてあったりして、結局家が魅力的に映らなくなってしまうこともあります。
空室状態にして水回りや床などをきれいにしておけば、築20年の物件でも、新築に見えることがあります。
ハウスクリーニングの費用を抑え、なおかつ魅力的に購入者に対してアピールできれば、
マンションを自分達の想定していた通りの値段で売ることが可能になります。

一覧に戻る