column 592. 買う&売る

仙台で物件を安く買いたいときは任意売却物件が狙い目!?

2019.05.28

仙台で物件を安く買いたいときは任意売却物件が狙い目!?

投資用物件を購入する時には、できるだけ安い物件を購入すれば利回りを高めることができます。
そこで一般ではなかなか見つけにくい、不動産を安く購入する手段の一つとして任意売却をご紹介します。

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンなどのローンを返済できなくなった人が、
金融機関との相談を行いながらその残債を処理するための売却活動を行うことを指します。
一般的に住宅ローンが返済できなくなれば、債権者の要請で物件は裁判所によって競売にかけられてしまいます。
競売にかけられると、自宅は自分達のスケジュールに関係なく追い出されることになります。

しかし、任意売却であれば金融機関と相談の上、できるだけ高く物件を得る手段を探しながら売却活動が行なえます。
家を売っても返済しきれなかった残債も少しずつ負担を抑えながら返済していくプランを練ることもできます。
競売を避けたい人にとって、任意売却は自宅を売却しつつも、生活を立て直していくための方法として、よく利用されます。

任意売却物件を購入する時のメリット

任意売却物件は、通常の個人住宅が売りに出される流れと大きく変わるものはありません。
普通に不動産会社が仲介に入り、買主を探し、
内覧を行って家が欲しい人は重要事項の説明を受けた上で売買契約を結びます。

任意売却物件は、ある程度いつまでに売ろうというスケジュールを定めて売却活動することが多く、
1~2年もかけて高く売ろうという人はいません。それは売る側もローンを返済するという義務が課せられているからです。
そのためある程度短期間で売るため、に一般的な相場より安く購入できることも多いのです。
競売物件ほど安く購入できるわけではありませんが、
競売物件と異なり、内覧をしながらある程度安く買えることがメリットです。

任意売却物件の探し方

任意売却を多く処理をしているのは、金融機関や弁護士です。
任意売却は金融機関との相談の上で売却活動を行うので、
金融機関と太いパイプを持っている人は、
「今任意売却で物件を売ろうとする人がいますよ」という話を聞くことができるでしょう。
また任意売却のスムーズな交渉の中では、弁護士が間に入ることも多いため、
弁護士に話を聞くと「今任意売却物件の相談を受けている」などの話を聞けることもあります。
もちろん不動産会社も仲介に入るので、不動産会社が情報を持っていることもありますし、
不任意売却物件の売却活動の相談を受けている会社もあります。
様々な方面にパイプを広げることで、お得な不動産物件の情報を手に入れることができるようになるのです。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 626.

個人が不動産を購入するときでも、宅地建物取引士の資格は役に立つ?

不動産に関する資格の中で、有名なものの一つに宅地建物取引士の資格があります。宅地建物取引法や民法など、不動産の売買や賃貸に関する知識を幅広く身に付けることができるのが、この資格の特徴です。宅地建物取引士の資格は、個人で不動産を購入する際にも役立つのでしょうか。

2019.08.19

column 621.

リノベーションで個人支給部材を利用するときの注意点

仙台でもこれまでに建てられた中古マンションは数多くあります。 その中には築20年・築30年と相当な時間が経過した物件もあり、購入後にそのまま住むのはなかなか厳しいものがあります。 そんな場合はリノベーションで壁紙や床材の張替え、または、設備や間取りを刷新することで新築のように綺麗になり、暮らしが快適になります。 リノベーションを行うときは設備の仕入れを工務店に任せるだけではなく、自分で購入して工務店に提供する施主支給のケースがあります。この施主支給についての注意点とメリットをお伝えします。

2019.08.07

column 617.

仙台のマンション!競売物件を買うのはあり?なし?

不動産を安く購入できる手段としてよく知られているのが、競売を通じた物件の購入です。競売に出ている物件は入札で価格が決まるので、あまり入札がなかった場合、相場より安く不動産を買える可能性があります。 そこで競売でマンション物件を購入するのは果たしてお得なのか損なのか。メリットとデメリットの両方を見て考えてみましょう。

2019.07.30

column 612.

降雪量の多いエリアでマンションを買うことのリスクを知っておこう

仙台は太平洋側ということもあり、東北地方の中ではそれほど降雪量が多くはありません。 それでも関東地方と比べれば年間の平均降雪量は多いですし、宮城県内でも購入する場所によっては降雪量を気にしなければいけません。 降雪量が多いエリアに物件を購入することには、いくつかのデメリットがあります。 そのデメリットを知ってマンションを購入するエリアを選んでいきましょう。

2019.07.17