column 561. 買う&売る

仙台でマンションの情報を探す3つの手段のメリットとデメリットを解説!

2019.03.15

仙台でマンションの情報を探す3つの手段のメリットとデメリットを解説!

マンションや投資用物件を探す時、いくつかの情報収集法があります。
そこで、それぞれの情報収集法のメリットとデメリットを比較してみましょう。
宮城県仙台市での家探しの参考にしてください。

仙台市に住んでいる人が結婚相手と出会う場所は?

最初に物件情報を探すのは、不動産情報サイトという人は多いのではないでしょうか。
不動産情報サイトは、自分の検索条件にあった物件を簡単に調べることができます。
細かな条件設定もできるので比較もしやすく、短時間で多くの物件をチェックできるなどのメリットがあります。
ただし、不動産情報サイトに掲載されている物件の売価は、あくまでも希望の売価であり、実際の取引価格と異なることがあります。
参考にはなりますが、そこに掲載されている情報をすべて信じてしまうと、実需要の価格と違う価格を相場だと思い込んでしまう怖れもあります。
また、格安な物件を狙う人が多く、油断しているとすぐに売れてしまうことがあります。
そのため、なかなかお得な情報を見つけるのは難しいです。

看板やチラシのメリットとデメリット

次に、不動産の情報を目にする機会として、街中の看板や新聞の折り込みチラシなどがあるでしょう。
これらの情報は、不動産屋が地元に住む人に対して提供するものが多く、対象の範囲が非常に狭いです。
しかし、その分だけ情報公開の速度が速く、多くの人の目に触れにくいため、お得な物件を購入できるチャンスがあります。
売る側にしても広告費をかけていないため、コストを売価に反映していることがあります。そのため、価格も安いのです。
ただし、物件情報が少ない中、たとえお得な物件があったとしても、自分が家探しをする時にちょうど良い条件の物件にめぐり逢えるとは限りません。運の要素が強いのです。

不動産会社のメリットとデメリット

三つ目は不動産会社に直接、物件情報を提供してもらう方法です。
不動産会社に直接赴き、「このような家を探しています」「予算はこの程度です」などと詳細に条件を伝えておけば、条件に合致した物件を売りに出す人が現れた時、すぐに教えてくれる可能性があります。
それだけ他人が知らないお得な物件情報を手に入れ、物件を安く買える確率が上がるのです。
欠点としては、不動産会社に直接行く手間がかかること、不動産会社の担当者に当たり外れがあるというところでしょう。
それでも、物件情報の最上流にいる不動産会社から、情報をもらえるメリットは大きいです。
本当にお得で割安な物件を購入したいのであれば、粘り強く不動産会社を訪問し、しっかりと購入したい物件の条件を伝えておくと良いでしょう。
ただし、物件情報を教えてもらうには冷やかしではなく、本当に家を買う意思があることを伝えておかなくてはいけません。
予算や資金調達の手段、どのような間取りが欲しいのかなど、住宅購入に関する計画をしっかりと立てておきましょう。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 637.

今仙台周辺で地価が上がっているのはどこなのか

不動産を購入する時にチェックしておきたいのが、どのエリアで地価が上昇しているかという情報です。急激に地価が上昇している場合、大きな値上がりの前に物件を買った方が良いですし、一度買ってしまえばこれから先の値上がりで売却益を得られるかもしれません。 そこで仙台周辺で地価が上昇している場所はどこなのかを、ここでは取り上げます。そしてどのようにチェックすればよいかも、お伝えします。

2019.09.04

column 631.

今仙台で投資用のマンションを購入するならば、どういったマンションが向いている?

東北地方で最も繁栄している都市といえば、宮城県仙台市です。周辺の自治体から人口が集まる傾向にあり、若者を中心に人口は増加傾向にあります。 そんな仙台で投資用のマンションを運営する場合、どういった物件を購入すれば少ないリスクで収益を多く上げることができるのでしょうか。

2019.08.27

column 626.

個人が不動産を購入するときでも、宅地建物取引士の資格は役に立つ?

不動産に関する資格の中で、有名なものの一つに宅地建物取引士の資格があります。宅地建物取引法や民法など、不動産の売買や賃貸に関する知識を幅広く身に付けることができるのが、この資格の特徴です。宅地建物取引士の資格は、個人で不動産を購入する際にも役立つのでしょうか。

2019.08.19