column 544. 買う&売る

仙台でマンションを買うのは消費税増税後がお得?次世代住宅ポイントとは

2019.02.05

仙台でマンションを買うのは消費税増税後がお得?次世代住宅ポイントとは

2019年10月に消費税が8%から10%に増税されます。
それに伴い、住宅購入の駆け込み需要の増加、そして消費税増税後の急激な住宅市場の冷え込みが予想されています。
住宅市場の急激な冷え込みを避けるため、政府は消費税増税のタイミングに合わせて様々な措置を講じています。
その中の一つ、次世代住宅ポイントについてここでは触れてみたいと思います。

次世代住宅ポイントとは

次世代住宅ポイントは、消費税増税後に住宅を購入、もしくはリフォームした人を対象に、一定のポイントを支給する制度です。
支給されたポイントは、政府が指定する家電製品と交換することができるので、実質的に現金の代わりになります。
長期優良住宅などの質の高い住宅を購入すれば、次世帯住宅ポイントを受け取ることができ、家計の節約になります。

次世代住宅ポイントはどの程度もらえるのか

次世代住宅ポイントの支給ポイントは、購入する住宅やリフォームの種類などによって異なってきます。
住宅の購入に関するポイントは以下の通りです。

断熱性能やエネルギー消費量、劣化対策など、一連の機能を持たせている住宅には、一戸あたり30万ポイントが支給されます。
つまり、30万円相当の家電製品と交換できます。
さらに、ZEH・長期優良住宅・低炭素建築といった特徴を有している場合、5万ポイントが追加で支給されます。
耐震性がない住宅を建て替えすれば、15万ポイントが支給されます。
さらに、家事負担を軽減する一定の設備を設置した場合、以下のポイントが支給されます。

ビルトイン食洗機は1万8千ポイント
掃除しやすいレンジフードは9千ポイント
ビルトイン自動調理コンロは1万2千ポイント
浴室乾燥機は1万8千ポイント
掃除しやすいトイレは1万8千ポイント
宅配ボックスは1万ポイント

などが支給されます。

次世代住宅ポイントが支給される期間は

気になる次世代住宅ポイントが付与される期間ですが、以下のようになっています。

注文住宅の場合
・工事請負契約:2019年4月1日〜2020年3月31日
・着工:工事請負契約〜2020年3月31日
・引渡し:2019年10月1日以降

分譲住宅の場合
・工事請負契約:2018年12月21日(閣議決定日)〜2020年3月31日
・着工:工事請負契約〜2020年3月31日
・売買契約:2018年12月21日〜2020年3月31日
・引渡し:2019年10月1日以降

リフォームの場合
・工事請負契約:2019年4月1日〜2020年3月31日
・着手:工事請負契約〜2020年3月31日
・引渡し:2019年10月1日以降

基本的には2020年の3月31日が期限となっているので、それまでに工事請負契約を済ませるようにしましょう。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 626.

個人が不動産を購入するときでも、宅地建物取引士の資格は役に立つ?

不動産に関する資格の中で、有名なものの一つに宅地建物取引士の資格があります。宅地建物取引法や民法など、不動産の売買や賃貸に関する知識を幅広く身に付けることができるのが、この資格の特徴です。宅地建物取引士の資格は、個人で不動産を購入する際にも役立つのでしょうか。

2019.08.19

column 621.

リノベーションで個人支給部材を利用するときの注意点

仙台でもこれまでに建てられた中古マンションは数多くあります。 その中には築20年・築30年と相当な時間が経過した物件もあり、購入後にそのまま住むのはなかなか厳しいものがあります。 そんな場合はリノベーションで壁紙や床材の張替え、または、設備や間取りを刷新することで新築のように綺麗になり、暮らしが快適になります。 リノベーションを行うときは設備の仕入れを工務店に任せるだけではなく、自分で購入して工務店に提供する施主支給のケースがあります。この施主支給についての注意点とメリットをお伝えします。

2019.08.07

column 617.

仙台のマンション!競売物件を買うのはあり?なし?

不動産を安く購入できる手段としてよく知られているのが、競売を通じた物件の購入です。競売に出ている物件は入札で価格が決まるので、あまり入札がなかった場合、相場より安く不動産を買える可能性があります。 そこで競売でマンション物件を購入するのは果たしてお得なのか損なのか。メリットとデメリットの両方を見て考えてみましょう。

2019.07.30

column 612.

降雪量の多いエリアでマンションを買うことのリスクを知っておこう

仙台は太平洋側ということもあり、東北地方の中ではそれほど降雪量が多くはありません。 それでも関東地方と比べれば年間の平均降雪量は多いですし、宮城県内でも購入する場所によっては降雪量を気にしなければいけません。 降雪量が多いエリアに物件を購入することには、いくつかのデメリットがあります。 そのデメリットを知ってマンションを購入するエリアを選んでいきましょう。

2019.07.17