column 514. 買う&売る

シェアハウス投資のメリットとデメリット

2018.11.28

シェアハウス投資のメリットとデメリット

若者向けの住居形態として人気があるシェアハウス。
不動産投資を考える人の中には、シェアハウス投資をしてみたいという人もいるかもしれません。
そこでシェアハウス投資のメリットとデメリットをお伝えします。

メリット①収益性が高い

シェアハウスの最大のメリットは、収益性が高い点です。
一つの戸建て住宅を購入し、シェアハウスに改装すれば、5部屋~6部屋の賃貸物件にすることができます。
広い戸建を一つの家族にまるまる貸し出しても、15~20万円の家賃を得るのが精一杯かもしれません。
しかしシェアハウスであれば、部屋数だけ賃料収入を得られます。そのまま貸せば20万円の物件でも、シェアハウスにして満室まで人を入れれば、30万円以上の家賃を得ることも夢ではありません。
平均して1.5倍ほどの家賃収入を得ることができます。

メリット②空室リスクが低い

シェアハウスは、一般的には敷金や礼金などを取りません。入居者にとっては初期費用負担が少なく、気軽に引っ越しできるメリットがあります。
その代わり退去も発生しやすいのですが、一つの家を一家族に貸し出すと、退去後には一時的に収入がゼロになるリスクがあります。
しかしシェアハウスであれば一人退去したとしても、家賃は1/5や1/6だけの減少です。また入居者も決まりやすいので、空室リスクを気にする必要がありません。

デメリット①管理費が高い

メリットばかりではなく、デメリットも知っておきましょう。
シェアハウスの運営には、何かと手間がかかります。入居者同士で生活管理する人間がいないと、入居者同士のトラブルが起こり退去が発生しやすくなるのです。
また入居や退去が頻繁に発生するので、その分の手間も増えます。一般的な賃貸物件の管理費は家賃の5%ですが、シェアハウスの場合管理費の相場は15%から20%となっています。

デメリット②防犯に気を配る必要がある

シェアハウスは、多くの人間が一つの家の中で生活し、退去が頻繁に発生するので、顔を知らない人間が家の中にいる事態が発生しやすいです。
知らない人がシェアハウスの中にいても、新しい入居者と思い、声をかけないこともあります。
不審者にとっては非常に侵入しやすい場所なのです。そのためシェアハウスをターゲットにした盗難事件もよく発生しています。
このような事件を防ぐためには、個人それぞれの部屋に金庫を設置したり、入居者しか使えないロッカールームを設ける必要があります。そのためどうしても防犯設備に費用がかかってしまうのです。


このようなメリットとデメリットを天秤にかけ、自己管理をしてもよいという人は、シェアハウス投資を検討してみてはいかがでしょうか?

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事