家を早く売却したい時

家を売却しようとする時、できる限り「高値」で売りたいと考えるのが普通です。
しかし、様々な事情により早急に家を売らなければならいという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、早期売却を成功させるためのポイントについてご紹介します。

インスペクションの活用

不動産を売る時は、住み替えと言うケースが多いと思います。
新居への入居が決まれば、できるだけ早く現在の住まいを現金化したいでしょう。
いつまでも売れなければ、その分経費もかさみますから、早く売るためには物件の販売価格を下げるのが効果的でしょう。
しかし、流通の早いマンション物件であれば価格を下げることで売れやすくなるものの、戸建ての場合は価格を下げただけでは早期売却につながるとは言えません。
そこで、取り入れたいのは「インスペクション」です。
インスペクションは住宅診断のことで、実施することにより買い主の不安要素を取り除くことができ、結果として売れやすくなると考えられます。
インスペクションをすることで売れなくなるのではという心配を持つ人もいるようですが、買い主の立場から見ると、特に築年数を重ねた物件であれば あるほど修繕の心配はつきものです。
購入したものの大規模な修繕が必要になったらどうしようと心配になるのも当然ですね。
そこで、インスペクションを行うことで修繕要素を見つけて改善し、その上で販売に出せば買い主の信頼は高まり、結果として売れやすくなるということなのです。

不動産会社に売る

不動産を売却する際、「買い主を自分で見つける」「不動産会社に仲介してもらう」「不動産会社に買い取ってもらう」といった方法が考えられます。
買い主を自分で見つけられれば良いのですが、なかなか難しいものですし、書類や手続き等素人にはハードルが高いのも事実です。
しかも、早く売りたいとなれば、不動産会社の仲介ではなく「買い取り」を利用するのがおすすめです。
買い取りとは、不動産会社が買主となって家を買い取ることです。
不動産会社に買い取りが可能か確認し、価格を査定してもらいます。
自分が売りたい額と不動産会社が買い取ってくれる額を比べて納得できるのであれば早期売却につながるでしょう。
不動産会社を選ぶ際はその地域に強い会社を選ぶこともポイントです。

価格設定のポイント

物件売買価格を最初から低めに設定するか、あるいは徐々に下げていくかによって、販売価格が違ってきます。
特に早く売りたい場合は、最初から低めに設定する方がオススメです。
低めとはいっても、もちろん最低限必要な額を算出してその中で決める必要があります。
最初はある程度高めに設定し、徐々に下げていく方法は、高く売れる可能性があるものの、早期に売れる可能性が低いという点で注意が必要です。
また、定期的に物件チェックをしている人は、徐々に価格が下がっていく物件だと思い様子を見る可能性が高くなります。


なぜ、早期に売却したいのか、最低限いくらで売りたいのか、といった点をよく考慮した上でどういった方法をとるか決めていきましょう。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む