column 504.

仙台で中古物件を探す時、ホームインスペクション済みのものを買うべきか

2017年の宅建業法の改正により、中古物件を売却する時にはホームインスペクション実施の告知が義務付けられました。中古物件を購入する時に、売主は買主に対してホームインスペクションの斡旋と、ホームインスペクションを実施していた場合に、その内容がどのようなものだったかを告知するように法律で定められたのです。 ただし、これはあくまでもホームインスペクション結果の告知義務であり、ホームインスペクションを必ず実施しなくてはいけないわけではありません。 中古物件を購入する時に、ホームインスペクション済みのものを買うべきか、そうでないのか。どちらが良いのでしょうか。

2018.11.12

もっと読む

仙台で古いマンションを再生したい方必見!築50年マンションを再生するリファイニング工事とは
column 502.

仙台で古いマンションを再生したい方必見!築50年マンションを再生するリファイニング工事とは

「リファイニング工事」をご存知ですか? 現在、老朽化したマンションの活用方法について非常に注目されています。なぜなら、旧耐震基準で建設された非常に古いマンションがあちこちに建っているためです。 旧耐震基準かつ老朽化しているため、大きな地震が発生した際に倒壊・損壊する恐れもあります。新築に建て替えをしようにも、コスト面の問題でなかなか進みません。 そこで注目されているのが、今回紹介するリファイニング工事です。この手法であれば、建て替えよりも低コスト・短い工期で新築同等のマンションに蘇らせることができます。 ここでは、リファイニング工事の内容や主なメリットについて解説しますので、一つひとつ見ていきましょう。

2018.10.25

仙台で家を売ると戻ってくるお金もある!5つのお金をチェック!
column 498.

仙台で家を売ると戻ってくるお金もある!5つのお金をチェック!

家を売ることで入ってくるお金は、売却金額だけではないことをご存知ですか。これまでに支払ったお金の一部が戻ってくる可能性があります。どのようなお金が戻ってくるかを知らないと、大きく損をしてしまうため注意が必要です。 そこで今回は、家を売った場合に戻ってくる5つのお金について紹介しています。この記事を読むことで、少しでも多くのお金が入ってくる可能性があるため、参考にしてください。

2018.10.25

仙台で屋根が壊れた方!修理費用は安くできる!知っておきたい安く抑える方法
column 493.

仙台で屋根が壊れた方!修理費用は安くできる!知っておきたい安く抑える方法

「瓦が剥がれてしまった」 「ヒビが入って雨漏りがする」 など屋根が破損してしまうと、住宅の快適性も損なわれるため、早期の修理が必要です。しかし、屋根の修理は想像以上に高額なため、予算の問題で先送りしてしまう人もいます。 そこで今回は、屋根の修理費用を少しでも安くする3つの方法について紹介しています。これらの方法を知っているかどうかで修理費用も変わってきますので、ぜひ参考にしてください。

2018.10.05

仙台で、二棟目以降の物件を購入するためのポイントは
column 483.

仙台で、二棟目以降の物件を購入するためのポイントは

不動産投資を行っていて、一棟目の物件の運営がある程度順調に進んでくると、二棟目、三棟目と新しい投資用物件を購入したくなる人も出てくるものです。しかしいくら一棟目物件の運営が順調だといっても、金融機関からの融資を受けられなければ、なかなか新しい物件を買い進めることは難しいでしょう。そこで二棟目以降の物件を購入していく時にはどういった点に注意をしなければいけないかをお伝えします。

2018.09.14

宮城県内で物件を買うとき、融資の際の返済比率はどの程度とするべきなのか
column 479.

宮城県内で物件を買うとき、融資の際の返済比率はどの程度とするべきなのか

不動産投資を行うときに、利回りと同様に重視しなくてはいけない数字の一つに返済比率があります。この返済比率とは、満室経営時の家賃収入に対し、どの程度の金額が返済にあてられているかを見る数字です。例えば100万円の家賃収入があった時、ローン返済が50万円ならば返済比率は50%です。この返済比率はどの程度の数字にしておくのが良いのでしょうか。

2018.09.14

1 2 3 4 5 6 7 次へ