宮城県内で空き家情報をまとめている市町村まとめ

移住にかかる費用を節約する場合、空き家を買ってリフォームや建て替えするのがおすすめです。ただ、一般的な住宅サイトなどを使った場合、新築や中古を含めた膨大な選択肢の中から空き家を探す必要があるので、手間も時間もかかってしまいます。また、不動産情報サイトに登録されている空き家はごく一部に過ぎません。

そんなときに役立つのが、各市町村がまとめている空き家情報。今回は、空き家情報を公開している自治体をご紹介します。

空き家情報を公開している市町村

●白石市

宮城県南部にある白石市では、「住んでみっぺ!しろいし」という移住者向けホームページを開設。サイト内で白石市内にある空き家情報を公開しています。所有者の詳しい情報などは問い合わせ後の連絡となりますが、間取りや外観の写真、住所地や設備などはホームページ上でわかるので便利です。

●角田市

人口約3万人、白石市と同じく県の南部に位置する角田市では、市が「定住支援」というホームページを用意しています。ホームページからは「角田市空き家バンク」にアクセスでき、市内の空き家情報をチェック可能です。

●登米市

登米市には「移住・定住促進係」や「登米市移住・定住サポートセンター」があり、市内の空き家情報を「空き家バンク」で公開しています。空き家の所有者側の事情によっては、購入ではなく賃貸も可能です。平成30年にホームページがリニューアルされ、物件情報も確認しやすくなりました。

●栗原市

県内で一番面積が広い栗原市では、「住まいる栗原 ホームサーチ事業(空き家バンク制度)」を実施中。大きな市だけあって、登録されている空き家情報の数も充実している場合が多いです。また、移住体験用の住宅を用意しており、本格的な移住をする前に現地の生活を体験できるようになっています。

●大崎市

大崎市の空き家情報は、「おおさき移住支援センター cu:rus(くーらす)」が手がける「大崎市空き家バンク制度」で確認可能です。空き家情報は随時更新されているため、運が良ければ状態の良い空き家が安く手に入るでしょう。

●七ヶ宿町

七ヶ宿町では、「七ヶ宿町空き家バンク」にて町内の空き家情報を公開中。その他、お試し居住住宅も用意しています。空き家バンクに登録されている物件に関しては、住所地や間取り図・外観・内装も写真や図面でチェック可能です。

●村田町

村田町では、空き家情報を「村田町空き家バンク」で管理しています。平成27年から空き家バンク事業を行っており、物件の写真や最寄り施設までのアクセスなど、物件の細かい情報が多い印象です。

●川崎町

川崎町の空き家情報は、「空き家バンク」が一括管理。空き家情報を提供した人に商品券をプレゼントするなど、物件情報の収集も積極的に行っています。また、見取り図や写真だけでなく、空き家の動画を公開しているのもポイントです。

●山元町

山元町では、「山元町空き家・空き地・空き店舗情報」を実施しています。一般住居だけでなく空き店舗なども扱っているため、移住後にお店を開いて事業をはじめたいという人はぜひ確認してみましょう。

●松島町

松島町の「空き家バンク」では、空き家物件、賃貸の空き部屋、空き店舗や空き事務所などの情報を公開中。ただ、空き家の写真はあまり充実していません。

●色麻町

色麻町の「空き家バンク」事業では、町内の空き家情報がまとめられています。ただ、空き家バンクは不動産業者ではありません。空き家の購入に必要な交渉は、当事者間で行うのが原則です。気に入った空き家を見つけた場合は、空き家バンクに登録して物件の詳細を確認し、手続きを進めましょう。

●加美町

加美町では、「空き家バンク」事業が行われています。自治体のホームページからいつでも空き家情報を確認できて便利です。交渉中、売値が下がったといった情報が更新されると備考欄に随時追記されるので、複数の空き家を比較・検討しやすくなっています。ただ、すべての物件で間取りや外観を確認できるわけではないため、情報の吟味が必要です。

●涌谷町

涌谷町の空き家情報は、「空き家バンク」が管理しています。情報は涌谷町のホームページから24時間確認可能です。空き家といっても、内装を新品にリフォームしている物件もあります。他の人が商談を成立させると空き家は手に入らないので、涌谷町への移住を考えているなら定期的に空き家情報をチェックするようにしましょう。

●美里町

美里町でも「空き家バンク」を行っています。空き家の希望額や、基本的な物件情報などが公開されているので安心です。

まとめ

今回は、宮城県内で空き家情報をまとめている14の自治体をご紹介しました。自治体の空き家バンクは、タイミングさえ合えば好条件の物件を安く手に入る便利な情報源ですが、残念なことに物件数は少なめです。

物件情報の多さや情報の更新速度に優れているのは、普段から取引を仲介している不動産会社にほかなりません。宮城への移住で空き家を狙っている人は、地域密着型の不動産会社を頼りましょう。もちろん、弊社へのご相談もお待ちしております。

他の売却コラムも読む