宮城県大和町で不動産売却をする際に知っておきたい路線価比較

宮城県のほぼ中央、仙台から約20km北に位置する大和町(たいわちょう)。約230km2の市域は西端で山形県と接しています。町の真ん中にはランドマークである七ツ森(7つの山)があり、自然豊かなエリアとなっています。

一方で、町の南北や隣接する村には先端技術や自動車関連が進出しており、工業の町としての側面もあります。ここでは、そんな大和町の特徴や路線価を紹介していきます。

大和町の特徴

大和町は非常に自然豊かなエリアで、面積約230km2のうち9割程度は森林や農地等の自然立地的土地利用です。

それを象徴しているのが七ツ森や吉田川。七ツ森は標高2〜500m程度の7つの山の総称で、周りに高いものがないため、町内のみならず仙台市内からも眺めることができます。

町内には東北新幹線の路線が通っているものの停車駅はなく、またそれ以外の路線は走っていません。公共交通手段としては町民バスやデマンド型乗合タクシーなどがあるのですが、基本的には自家用車での移動が主です。ただ、今後は町内の交通量はさらに増加が予想されていることから、交通網の整備は自治体としての課題となっています。

というのも、この自然豊かなエリアには大和リサーチパークを筆頭としたいわゆる工業団地が整備されており、大和町としても積極的な企業誘致に動いています。その甲斐あって、先端技術や自動車関連の工場が既に進出し始めているのです。

それを裏づけるように、町内の人口は最近になって一気に増加しています。平成12年〜平成22年まで2万4,000人程度で推移していた人口は、平成27年には28万人を超える規模になりました。これは、人口増加率で見ても全国トップクラスです。

市内の目立ったイベントとしては、8月に開催される「まほろば夏祭り」や12月に開催される「島田飴まつり」があります。島田飴まつりは400年以上の歴史を持つ催しで、ここで飴細工を手に入れると翌年に良縁に恵まれるといわれています。

住みやすさのひとつの基準として、子育て事情についてみてみると、自治体のユニークな事業として「ファミリー・サポート・センター事業」が実施されています。これは子育ての手助けが欲しい人と、子育てを手伝いたい人、またその両方を兼ねる人が事業に登録し、お互いに援助し合う制度です。

医療費については、0〜18歳までは入院・通院共に無料となっています。所得制限もなく、他の自治体と比較しても手厚い助成が実施されています。

大和町の路線価の高い地域・低い地域比較

ここからは、大和町の路線価、公示地価について紹介していきます。路線価とは路線(=道路)に面する宅地の1平米あたりの評価額のこと。一方、公示地価とは、国土交通省が年に1度、ある土地を選定して公示する価格のことです。

それぞれ、実際に売買された価格というわけではありませんが、不動産業者も売買の際に参考にする指標なので、事前にチェックしておくことで売価の判断基準のひとつとすることができます。

大和町の路線価については、市内の中心部で役場などもある吉岡周辺で1.6〜2.8万円/m2程度となっています。市の南部にある富谷市に近い住宅街、もみじヶ丘では3万円/m2強のところもありました。

公示地価についてみてみると、大和町の平均は2万7876円/m2(9万2.155円/坪)で、1732市町村中、744位につけています。

この価格は、全国的に見れば千葉県香取市や長野県山ノ内町と、県内で見ると宮城県大河原町や東松島市と近い数字となっています。

2017年の公示地価でもっとも高かったところは、杜の丘2丁目にある住宅地で、4万2,500円/m2(14万495円/坪)。一方、もっとも低かったところは、鶴巣北目大崎字屋敷下の住宅地で、9300円/m2(3万743円/坪)でした。

なお大和町の地価は前年度と比較しても5.96%上昇しており、これは1729市町村中で35位の数字。国内でもトップクラスの伸び率です。

不動産を売却する際のポイント

大和町の地価上昇はここ1、2年の話ではなく、すでに平成24年から上がり続けています。今後、さらに大企業の工場誘致が進んでいけば、市内の住宅地を中心に、地価が上昇していくことも考えられます。

注意したいのは、大和町の土地がエリアによってニーズがしっかりと分かれているところ。住宅地近郊であれば売りやすいのですが、そこから離れたエリアであれば、積極的に買主を探していくような方法がマッチしそうです。

まとめ

土地を売るには、自分で買主を探す方法と、不動産業者に探してもらう方法の2通りがあります。しかしながら、自分で探す方法は時間や情報量などの制約から、なかなか成功しづらいのが現実です。

永大ハウス工業では、不動産仲介だけでなく自らが買主となる「買取サービス」も行なっています。ほかではあまり反応の良くなかった不動産でも高値で買い取れる可能性があります。大和町の不動産売却を検討中でしたら、ぜひ永大ハウス工業にご相談ください。

他の売却コラムも読む