column 539. 買う&売る

仙台のマンションを購入!親から資金援助を受けるときの注意点

2019.01.30

仙台のマンションを購入!親から資金援助を受けるときの注意点

住宅の購入資金を用意する時に、親からの資金援助を受ける人も多いでしょう。
しかしいくら親子だからといって、親から子供に対し、住宅資金の援助を非課税で行える枠には、限度があります。
一定の金額を超えてしまうと税金が発生することになるので、その点にはよく注意しなければいけません。
では具体的にどんなポイントに注意するべきであり、どこまでが非課税になるのでしょうか

非課税枠は年間110万円。その金額を超えると贈与税が発生する

親子間の資金援助が非課税で行えるのは、年間110万円までです。
110万円を超えると、贈与税が発生してしまうので、せっかく子供に資金援助をしてあげたいのに、無駄な税金が発生してしまうことになります。そのため計画的に、子供へ住宅購入の資金援助を行いたいのであれば、何年も前から計画的に年間110万円ずつ贈与する必要があります。

住宅購入資金の援助制度や相続時精算課税制度を利用する

年間110万円では、住宅購入費用の補助にならないこともあるでしょう。そこで利用できる二つの制度があります。
住宅資金贈与の非課税枠と、相続時精算課税制度です。
住宅資金贈与の非課税枠は、用途が住宅購入に限っていれば、一定の金額まで非課税になるというものです。
・契約時期2016年1月1日〜2020年3月31日:非課税枠700万円
・契約時期2020年4月1日〜2021年3月31日:非課税枠500万円
・契約時期2021年4月1日〜2021年12月31日:非課税枠300万円
現在はこれだけの非課税枠を利用することができます。また優良住宅などを購入すれば、非課税枠がさらに+500万円されます。
相続時精算課税制度は2,500万円まで非課税にできますが、その贈与文に対する税金は、親が亡くなり実際に相続するときに課税されます。
つまり、税金の後払いシステムだと考えておきましょう。

借りる時は借用書を用意し、銀行口座振込で返済する

贈与は課税されますが、お金の貸し借りであれば、それは課税の対象になりません。ただし金利0.01%、返済期間が特に設定されていないなど、一般的なお金の貸し借りの条件から、あまりにもかけ離れたものは贈与とみなされてしまう可能性があります。
例えば1,000万円を借り、金利は0.5%、年間100万円ずつ返済するなど、一般的なお金の貸し借りの条件にできるだけ近い条件であれば、それは贈与とみなされなくなります。
もちろんきちんと借用書を用意し、返済実績が後から確認できるように、子供が親の口座に毎年一定のお金を振り込むようにする必要があります。
このようなポイントを抑えておかないと、税務署に実質的な贈与とみなされて、贈与税を請求される可能性があるのです。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事

column 626.

個人が不動産を購入するときでも、宅地建物取引士の資格は役に立つ?

不動産に関する資格の中で、有名なものの一つに宅地建物取引士の資格があります。宅地建物取引法や民法など、不動産の売買や賃貸に関する知識を幅広く身に付けることができるのが、この資格の特徴です。宅地建物取引士の資格は、個人で不動産を購入する際にも役立つのでしょうか。

2019.08.19

column 621.

リノベーションで個人支給部材を利用するときの注意点

仙台でもこれまでに建てられた中古マンションは数多くあります。 その中には築20年・築30年と相当な時間が経過した物件もあり、購入後にそのまま住むのはなかなか厳しいものがあります。 そんな場合はリノベーションで壁紙や床材の張替え、または、設備や間取りを刷新することで新築のように綺麗になり、暮らしが快適になります。 リノベーションを行うときは設備の仕入れを工務店に任せるだけではなく、自分で購入して工務店に提供する施主支給のケースがあります。この施主支給についての注意点とメリットをお伝えします。

2019.08.07

column 617.

仙台のマンション!競売物件を買うのはあり?なし?

不動産を安く購入できる手段としてよく知られているのが、競売を通じた物件の購入です。競売に出ている物件は入札で価格が決まるので、あまり入札がなかった場合、相場より安く不動産を買える可能性があります。 そこで競売でマンション物件を購入するのは果たしてお得なのか損なのか。メリットとデメリットの両方を見て考えてみましょう。

2019.07.30

column 612.

降雪量の多いエリアでマンションを買うことのリスクを知っておこう

仙台は太平洋側ということもあり、東北地方の中ではそれほど降雪量が多くはありません。 それでも関東地方と比べれば年間の平均降雪量は多いですし、宮城県内でも購入する場所によっては降雪量を気にしなければいけません。 降雪量が多いエリアに物件を購入することには、いくつかのデメリットがあります。 そのデメリットを知ってマンションを購入するエリアを選んでいきましょう。

2019.07.17