column 509. 買う&売る

学資保険への加入を考えている方は、不動産投資という選択を

2018.11.21

学資保険への加入を考えている方は、不動産投資という選択を

お子さんに対し、特に良い教育を受けさせたいというご家庭であれば、学資保険への加入を検討することもあるでしょう。
しかし学資保険はあまり効率の良い保険ではありません。学資保険へ加入するよりも不動産投資を始めることをお勧めいたします。

学資保険の返戻り率の悪さ

学資保険は、お子さんが一定の年齢に達した時にそれまで積立ていたお金が返ってくる保険です。
また万が一ご両親に何か問題があった時には、積立額に応じた学費が支払われます。保険であり貯蓄の側面を持っていますが、学資保険は途中解約をすると返戻り率が大変悪いです。
一定の年齢になるまでは返戻り率は80%にも満たないものが多く、満期になってからも良くて105%から110%程度です。つまり保険と貯蓄の役割よりも、リスクの方が高くなってしまっているのです。

不動産投資は生命保険代わりになる

学資保険という名前がついているので、ついつい学費にしか使えないと考えがちですが、結局は学資保険も単にお金が戻ってくる保険に変わりありません。
つまり生命保険と同じように、万が一の備えであると考えるべきですし、重視するべきは、必要な時にいくらお金が入ってくるかです。
不動産投資は、ローンの融資を受けるのと同時に団体生費用生命保険に加入します。この団体信用生命保険に加入していれば、債務者が死亡したり働けなくなったりした時に、残債の返済義務は免除されます。
購入する物件にもよりますが、数千万円の支払いが行われるのと同じ価値を持つのです。融資を受けて不動産投資を行っていれば、生命保険に入る必要もなくなります。
生命保険分の出費が減るので、敢えてリスクのある学資保険に入る必要もなくなると考えられるでしょう。

不動産投資をしていると収益物件を残せる

そしてもう一つ不動産投資ならではのメリットとして、ローンの返済義務がなくなるだけではなく投資用物件という資産が残るという意味があります。
投資用物件が残れば、ローンの返済義務がなくなるだけではなく、物件を売ることで遺族にまとまったお金が入ってきます。また一気に多額のお金が入ると出費のペースがおかしくなることがあります。
生命保険でもそういったトラブルが起こらないように、大金を一気に支払うのではなく、敢えて毎月少しずつお金を支払うプランもあります。
不動産投資であればまとまったお金が必要な時には、物件を売れば数千万円単位のお金が入ってきますし、そのまま物件を運営して毎月家賃収入を得るという選択ができるのです。


生活プランによって二つの選択ができるのも、不動産投資で学資保険、そして生命保険をカバーすることのメリットです。
子供のための資産リスクをカバーするために、不動産投資を是非検討してみてください。

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事