column 375. 買う&売る

ブランドマンションにはブランドなりのメリットがある

2018.01.05

ブランドマンションにはブランドなりのメリットがある

マンションを買うとき、いわゆる大手不動産会社が手がけるブランドマンションを買うか、それとも10階程度の普通のマンションを買うかで悩むこともあるでしょう。
そこで資産価値の観点から見て、ブランドマンションを購入するメリットをお伝えします。

ブランドマンションは、デベロッパーが値段を下げない努力をしてくれる

ブランドマンションは例えば財閥系、鉄道系の不動産会社が手がける大きなタワーマンションのことを指します。
それぞれブランドとして、マンションにシリーズ名称をつけており、不動産に詳しい人であれば、ブランド名を聞いただけで「○○不動産のマンションだな」とわかるぐらいです。
ブランドは、高級感、統一感があってこそブランド力を維持できます。
マンションを開発するデベロッパー側も、デザイン、設備、管理も一流のものを提供し、特に購入後も資産価値が下がらないように、しっかりとした管理体制を提供してくれます。
そのため築年数が経過しても、大きく値段が下がることがないのです。

内装や設備だけではなく、外観にこだわることでブランド力を維持している

またブランドマンションはひと目見て分かるように、デザイン部分にもコストを掛けています。
一面ミラー張りで光を照り返して美しく輝くタワーマンションなどは、非日常感のある暮らしを住む人達に提供してくれるだけではなく、「高級なマンションを所有する」というプライドを満たしてくれるものになっています。
周囲から見て、ひと目で「高級なマンションだ」と思われるデザインのマンションにすることで、高いブランドイメージを維持して、資産価値を下げないようにしているのです。

売却を頼む時も安く売ろうとしない

何らかの事情で売却を依頼する時も売却を頼む会社によっては、とにかく早く確実に売却を成立させるために、安く売ることを提案してきます。
しかしマンションを建てたデベロッパーと同系列の不動産会社であれば、同社のマンションのファンの顧客を多く抱えているので高く売るための努力をしてくれます。
また高く売ることで、自社のマンションのブランドイメージを維持しようとも努めてくれるのです。
マンションが安く流通してしまっては、ブランドマンションのイメージも低下してしまいます。
そのため、マンションを高く買ってくれる顧客にしか営業を掛けませんし、じっくりと時間をかけてでも高く売るための努力をしてくれるのです。

 

 

 

 

一覧に戻る

合わせて読みたい関連記事