仙台の金融機関で融資を受けるなら要チェック!元利均等と元本均等の違いとメリットとは

住宅ローンの融資を受ける時には、元利均等方式か元本均等方式で融資を受けるかを自分で選択することになります。
一般的には元利均等方式で融資を受ける人が多いのですが、一方の元本均等方式を選ぶときには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

元利均等方式とは

元利均等方式は、毎月支払う住宅ローンの返済額を一定の金額に抑える仕組みになっています。
原則として35年間の融資を受けた場合、35年間ローンを完済するまでずっと同じ金額を支払うことになるのです。

元本均等方式とは

元本均等方式とは元利均等方式と違って毎月の返済額が違ってきます。
その代わりに元本部分の返済額を毎月一定にするという仕組みになっているのです。
住宅ローンの返済は毎月同じ金額だとしても、その内訳は元本部分と金利部分に分けられます。
元本部分の金額を一定とする方式なので、将来的には金利部分の支払いが減って毎月の返済は徐々に楽になっていきます。

それぞれのメリットとは

ではそれぞれのメリットにはどのような点があるでしょうか。
元利均等方式は支払額が一定なので、返済の計画が立てやすいメリットがあります。
また変動金利で融資を受けていて最初の3~5年などの金利を抑えられるのでしたら、住宅ローン返済を借りたばかりの時期の返済額をかなり抑えることが可能になります。
住宅ローンの融資を受けたばかりの頃は頭金を支払って貯金が少ない状況も多いでしょうし、 年齢も若いので毎月の収入もそれほど多くないはずです。
若いうちの支出を抑えて、収入上がってきた頃に返済額を増やしていきたいという人に向いています。
一方元本均等方式の場合は、 住宅ローン返済初期の支出が多くなる返済プランになっています。
ただし元本部分を直接毎月一定額減らすことができるので、住宅ローンの相対的な返済期間は短くなり、最終的な金利を含んだ支払総額も元利均等方式より少なくなる傾向にあります。
比較的収入に余裕があって、返済がそれほど厳しくないのでしたら、金利の支払いが減る元本均等方式の方が、金銭的なメリット自体は大きいと言えるでしょう。


経済的に余裕がある人は元本均等方式、収入が今は少ないものの将来的に上がっていく予定があるのであれば元利均等方式の融資を受けることを考えても良いかもしれません。
ただし、元利均等方式でも繰り上げ返済を繰り返していくのでしたら、元本均等方式並に金利の支出を抑えることも可能になります。
また元本均等方式で返済して行ける余裕があるのでしたら、最初からそのぶんを頭金にまわしてしまうという考え方もあるでしょう。
それぞれにメリットがありますので、自分たちの将来的な収入金額を想定して無理のない返済ができる方を選んでいきましょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む