仙台に住むなら見逃せないお勧めの夏祭りは何ですか?

夏の楽しいイベントといえば夏祭り。
全国各地でさまざまな個性豊かなお祭りがありますが、仙台ではどのようなお祭りが行われているのでしょうか?
仙台に住むなら楽しみたいお勧めの夏祭りを、仙台市民へのアンケート結果を元にご紹介します。

仙台の夏祭りといえば歴史ある仙台七夕まつり

多くの仙台市民がお勧めする夏祭りは、仙台七夕まつりでした。
仙台七夕まつりは、江戸時代から続く伝統的なお祭りで、毎年旧暦の七夕を中日とし、8月6~8日の3日間行われます。
中心となるのは、仙台駅を中心とした商店街のアーケード街で、期間中は豪華な七夕飾りで彩られます。
仙台市のみならず、全国から200万人以上という多くの人が訪れる、東北3大祭りのひとつです。
近年では、飾りつけだけではなく、参加者が楽しめるさまざまな催し物も企画されるようになりました。

仙台七夕の前日の仙台花火祭りも見逃せない

仙台七夕まつりの前日には、毎年仙台七夕花火祭が開催されています。
会場は仙台西公園周辺の広瀬川沿いで、1万5~6,000発程度の花火が打ち上げられる、宮城最大の花火大会です。
「七夕祭りとは開催元が異なりますが、仙台市民からは前夜祭のように捉えられており、仙台市を中心に、例年40万人ほどの人出があります。
地元では、仙台七夕まつりよりも花火祭りを楽しみにしている人も多いといわれるほどです。

クライマックスは観客も参加する夏まつり仙台すずめ踊り

仙台すずめ踊りは、江戸時代藩祖伊達政宗公の前で披露された踊りが元となり、郷土芸能として現代に伝わったものです。
すずめ踊りといえば、5月に行われる青葉まつりが有名ですが、発祥400年を記念して、2003年(平成15年)より夏祭りも開催されるようになりました。
開催日は7月後半の2日間で、仙台駅東口から宮城野通りが会場となります。
中央分離帯を外した宮城野通りで行われる、各祭連の踊りの大流しは圧巻です。
祭りの最後は、観客も参加した総踊りで締められます。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む