バスタオルの生乾き臭を防ぐ

バスタオルを部屋干しすると、なんとなく湿っていて、タオルから生乾き臭がすることはありませんか。
太陽の下で乾かすのとは状況が違うとはわかっているものの、せめてニオイだけはなんとかできないかと思う人も多いのではないでしょうか。
そこで、バスタオルのニオイを防ぐ方法について、ご紹介します。

使い方を考える

できれば、バスタオルは1回ごとに洗濯するのが望ましいのですが、なかなかそうはいかないという場合もあるかと思います。
そんな時は、使用後も洗濯後も「できるだけ早く乾かすこと」がバスタオルの健全さを維持する上では必須です。
また、バスタオルで身体を拭く前には身体や髪の毛をしっかり洗うことも、細菌の付着数を減らす意味では大切です。
またバスタオルを使う前に、湯上りタオルなどで身体や髪の毛の水分をできる限り拭き取っておくのも「バスタオルを臭くしない」上で有効です。
お風呂の残り湯を洗濯に用いる方も多いかと思います。 それ自体は何の問題もないのですが、残り湯での洗濯を行う場合、匂い対策のためすすぎは必ず水道水で行うことです。
お風呂のお湯はどれだけきれいに見えても、やはり私たちの体から浮き出た雑菌が浮いてしまっているもの。
その雑菌が洗濯物に付着してしまうと、これまた臭い原因となってしまいます。
きれいな水でしっかりすすぎ洗いを行い、余分な菌は落としましょう。

天日干しが大事

洗濯槽の中は、高温多湿という菌の繁殖に最も適した環境になっています。
ですので、洗濯物の中で悪臭のもととなる菌が繁殖してしまう前に、すぐに洗濯物を取り出し外に干してしまいましょう。
たったこれだけですが、匂い対策には大変効果的な方法となっています。
そして、早急に乾燥させたいので、部屋干しよりは天日(屋外)に干した方が乾きやすくおすすめです(雨天や花粉には注意)。
ただ、高温になるものの湿度が高くなる浴室乾燥機や、使用しているうちにフィルターが詰まるなどして乾きが甘くなっている全自動洗濯乾燥機にかけると、かえって臭くなることがあるので注意しましょう。

部屋干しするなら湿度に注意

エアコン=空気が乾燥している、というイメージがありますが、最近はちょうど良い湿度の40~50%に室内空気を加湿調整する機種が出てきていて、室内環境は快適になっています。

その分、部屋干しをするには乾きにくくなっているケースもあります。室内の湿度を確認しながら部屋干しするようにしましょう。

部屋干しの際には除湿機やエアサーキュレーターを併用することをお勧めします。
また、部屋干しの際には洗剤選びも重要です。
部屋干し用の抗菌・防臭効果のある洗剤を選ぶと効果的です。
一度ついてしまうと、漂白剤を入れて洗濯をしてもなかなか取れない生乾き臭。
まずは、臭いがつかないように気をつけましょう。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

他のコラムも読む